「ほっ」と。キャンペーン

C'est la vie!

派遣前訓練 Day 03

2010.04.09


訓練3日目・語学訓練開始


朝はアルプスを写真に撮ってみることにした。

d0159222_21383678.jpg


レンズにゴミが入ってて、何もいないのに、
カラスがいるかのような黒いしみ。。。やっぱ中古レンズ↓↓

でも、やっぱ雄大な山のおかげでしまって見えた♪


続いて、初「朝の集い」。

d0159222_21321315.jpg


日直に当たっていたが、みんな全くの手探りでスタート、。
自分はブータン王国の国旗掲揚を行った。
曲の尺にぴったり合わせて、国旗を上にあげるのはなかなか難しかったけど、
こんな経験ができてちょっとラッキーだった!

その後自転車の台数確認などの雑務も日直の仕事として行った。
金曜の日直は少し忙しい。


朝食後、ついに語学がスタート。
同じ班の方々は30代2名と20代2名で、自分が一番年下だった。

看護師さん、助産師さんと命を預かる仕事をなさっている方、
中学校、小学校で先生をなさっている方と、
自分以外の方はみさなん、かなり責任の重い職業をされており、
さすがは協力隊に参加される方々だと、
言語ももちろんだが、周りの方々から社会のことも教わりたいと思った。
でも甘えてばかりではいられないので、そんな大先輩の方々の前で、
語学のグループリーダーをすることにした。

d0159222_2143537.jpg


先生のニックネームはJo(じょー)
気さくで、かなりロールプレイ中心で講義が進む。
さっそくわからない単語だらけで手探りだが、
みんな良い人だし、
なんとかこのメンバーと揃って任国に派遣されたい!と、
そう思った。


昼休みにも日直の仕事がある。
それは郵便物の確認作業。
届いた郵便物を各班の郵便ボックスに振り分けて、
そこに入らない小包や特別郵便は別途呼び出しの放送を入れて受け取ってもらう。


午後からは自己紹介の時間があった。
238名の自己紹介は非常に長いので、一人当たりは30秒になった。
自分は話が長いので、30秒に絞るにはどうしたら良いか結構悩んだが、
悩んだ挙句、というか待ち時間が長すぎて、
「名前を覚えてください」としか言えず、
無駄に5回くらい名乗ってしまった。

熱あったんちゃうか?と思うほど、
いっぱい頭使ったし、緊張もして、
わけわからんくなってしまった。
でも、他の研修生は非常に面白く自己紹介されていて、
特に社会人の方々との場数の違いを感じた瞬間だった。


その後、2回目の郵便物確認と、
国旗を降ろす作業をした。
日直は常に時間を気にしてないといけなくて、
気が休まらない…


夕食の後は、生活班でのミーティングがあった。
自分は全体日直の仕事内容を報告したのだが、
仕事を引き受けたおかげで、別に大した事をしたわけじゃないのに、
感謝されたり、顔や名前を早く覚えてもらえて嬉しかった。

そして土曜の夜に第一回班飲みをすることが決定した。
第2回は語学についていけなければ辞退せざるを得ないので、
今回のうちにめいいっぱい楽しんでおくことにしようと思う!


それが終わったら、また日直の仕事、
今度は外出者が、22時に帰寮しているかを確認する。
行方不明者がいればまた呼び出しをかけることとなる。

そして最後に就寝前の人員確認。
日直室で、班員全員が揃っているかの報告を受けて、
確認が取れ次第終了。


そうして、日直の一日が終了。

一週間日直は続くが、最初の日に当番するものを集中させすぎて、
気持ち的にちょっとハードな一日だった。

夜中になってきょうすけさんと3時間くらい話し込んだ。
アジアや韓国のこと、お互いの今までのこと、
近い部屋に同じ環境隊員の兄貴分がいてくれて、
ほんとに良かったと思える時間だった。

ただし、睡眠時間は3時間30分しかない…
[PR]
by nao24d | 2010-04-10 02:00 | 派遣前訓練@駒ヶ根