C'est la vie!

La vie du Burkina. Jour:051

2010.08.11


La vie du Burkina. Jour:051・Affectation à Koupéla(クーペラ配属)

ついに任地配属の日を迎えた。
7:45、隊員の荷物を運ぶJICAの公用車がドミに到着。
d0159222_19174677.jpg

各自荷物の積み込みを終え、名残惜しい気持ちを抑えて出発。
11:00頃Koupélaに到着。

Koupélaは首都Ouagadougouからの国道沿いにある街だが、
この道路はよく整備され、でこぼこが少なく、
病気で首都に上がるときなど、身体にやさしいと思った(まず病気に罹らないことが一番だが)。

第一印象としては小さい街で、緑が多いなと感じた。

同僚2人に挨拶をすませ、その後知事にも挨拶。
同任地隊員のすずきんも誘って昼食をとり、
午後はバケツ、ガス、ござ、簡易ベットの購入と、
電気・水の契約にあてた。

水は今日から使えるが、電気は明日工事の予定。

そしてここまでで既に15万Fcfa使った。
40万Fcfaしか無かったのに10月の入金までどうやって過ごすんですか?って気がする。
冷蔵庫15万Fcfaを買ったら残り10万、それで2カ月は結構キツキツだと思う。
光熱費がどれくらいかかるかわからないのも不安材料。

ただ、不安があれば反対に期待もあった。
今日一日、同僚のSanonさんが以上の生活準備を親切に手伝って下さったのだが、
不安の多いアフリカでの新生活のスタートにはとてもありがたい存在だったし、
彼が異動しないで2年間一緒にいてくれたら、仕事の面でも心強いと思った。
遅くまで残って下さって、蚊帳を張るのまで手伝っていただいた。

初日の晩餐はビールにリンゴにバナナにピーナッツ。
d0159222_18491224.jpg

灯りが無いと気持ちまで暗くなってしまって、
自炊する元気も、外食する元気も無くなってしまった。

寂しさのあまり同期に隊員に電話をかけたりしたけれど、
どんなに頑張って時間をつぶしても現在21:30、することが無いので寝ようと思う。
明日早く起きて、明るいうちに掃除しよう。
[PR]
by nao24d | 2010-08-11 21:30 | Au Burkina Faso