「ほっ」と。キャンペーン

C'est la vie!

派遣前訓練 Day 65

2010.06.10


訓練65日目・最終日

今日で65日の訓練も修了。

PCを切り忘れてた眠ってたら、
昨日ほとんど完成させていた239人ポートレートのスライドショーが保存されていなくて焦る。

荷造りも完璧で無いのに作業に追われる。

とりあえず部屋を片し、
壮行会のクライマックスまでにまだ作業できると自分に言い聞かせながら修了式の会場へと向かう。

なんとなくそわそわした訓練所だが、
喫煙コーナーにはいつも通りモクモク会の面々が集っていた。
d0159222_3513125.jpg
65日間毎日見てきたその光景ももう見られないのかと思うと無性に写真を撮りたくなった。

修了式の会場には駒ケ根訓練所の修了生がこれから向かう世界の国々の国旗がセッティングされていた。
d0159222_353730.jpg
改めて並べてみるとすごい。
もう数日後にはここにいる全員が散り散りになってしまうのだと思うとつくづく不思議な縁だと思う。

修了式では一人ひとり修了証を受け取ったり(Joに向かってばっちりガッツポーズで合図した♪)、
記念品の贈呈が行われたり、
いろんな方の挨拶を聞いたりしたが、

とにかくすごかったのが、
訓練生代表の挨拶。
訓練のスライドショーをみているかのような錯覚に陥るほど、
皆が一緒に65日間を振り返ることができる素晴らしいスピーチだった。
自分は涙をこらえることができず、
そしてしばらく止めることができず、
隊歌斉唱のときも鼻水が垂れそうになりながら歌っていた(ほとんど歌えてなかった気がする)。

6月10日、
昨日前祝いをしたが、そう今日は我らがJoの誕生日でもあった。
半泣きのままだったがClasse de Jo最後の一枚。
荷物の整理などでみんな忙しかったが最後にスティッチのぬいぐるみに寄せ書きしてプレゼントした。
かわいすぎるてJoらしくないような気もするが、
こういうチョイスになったのにもエピソードがあってまたおもしろい。

その後壮行会へと移行し、
自分は生活班1班の班長・副班長にプレゼントを渡して、
d0159222_404991.jpg
もう一度スライドショーの作成に取り掛かった。

食事もろくにできず、
プレゼント贈呈後の班での集合写真にも写れていなかったが、
その甲斐あって?スライドショーはなんとか完成。
壮行会のクライマックスに上映することができた。

239人と訓練を支えて下さったスタッフの方の笑顔が
のりさん作曲のGo For Our Dreamsの音楽に合わせて流れ、
それに合わせてはるさん率いる振付部隊が前日完成させたダンスを披露。

会場は涙や笑顔、
今まで溜まっていた何かが弾けたようにいろんな表情で溢れていた。

寝不足の疲れが吹っ飛んだし、
修了式では涙だったが、ここでは最高の笑顔だったに違いない。

多くの訓練生が別れを惜しんで記念写真を撮っていたが、
今日自分が訓練所で撮った自分の写っている写真は、さっきのクラス写真とこの1枚である。
d0159222_423718.jpg
えつこさんには本当にお世話になった。
フランス語の授業と、毎日のお昼御飯だけでなく、
講座の後教室で話しこんだり、そのまま一緒に夕食を食べたり
星の写真を撮りに行ったことを考えれば、
一番多くの時間を共有したのは間違いなくえつこさんだろう。

いつも自分ばかり話して、聞いてもらうばかりで申し訳なかったけれど、
それで本当に救われた気がする。

この場をかりて改めて感謝を伝えたいと思う。
(もちろんBurkina組のみなさん、そのみ母さん、ちあき姉さんにも感謝の気持ちは言い尽くせません)


訓練所最後の写真はわけわからないままバスに乗っけられ、
シャッターを切ったこの1枚。
d0159222_483850.jpg
さえこが笑ってる。
こっちに気付いてくれてありがとう!
部屋の片づけも手伝ってくれてありがとう!

一緒にポートレート撮れて良かった!



ここで訓練所でのエピソードはひとまず終わりなのだが、
一足先に京都へ向かう高速バスの停留所に来たものの、
バスが来るまで2時間待ちだったので、インターから各地方へ帰る訓練生を見送ることにした。

みんなの通り道に立って200人くらいは見送れた気がする.
最後の最後においしいところを頂いた感じだ♪
ガソリンスタンドの兄ちゃんに何してるのかと問われたときは若干答えに戸惑ったが…

そしてこれで本当に終わりかと思ったら、
終わらなかったよ、駒ケ根マジック?(これこそマジックだと思う、ってか奇跡!)

なんと高速バス乗り場でJoとあっこさんに遭遇(1本前の名古屋行きに乗ってた)!
一緒に帰るちあきさんと、途中のサービスエリアでClasse de Joが4人も揃ったのである。
そんなサプライズがあって、これで本当に最後の最後の写真となる。
d0159222_2493954.jpg
最後にこんなにいろいろ素敵なことが起こったのは65日間のご褒美だったのだろうか?

ウトウトしてたら22時30分のチャイムが聞こえてきそうな気がするが、
久しぶりの我が家は訓練所に比べてあまりにも静かだった。

さて、あと10日あまりの日本生活。
でもそれはそれで存分に楽しむとして、まず今日はゆっくり休むとしよう!
[PR]
by nao24d | 2010-06-10 23:00 | 派遣前訓練@駒ヶ根