C'est la vie!

La vie du Burkina. Jour:075

2010.09.04


La vie du Burkina. Jour:075・Le week-end(週末)

最近はネットが使えるから、同期のBlogを見あさる日々が続いている。
特に週末はすることも無く何時間でも眺めている。

外国人だから有名人になるのはみんなある程度共通しているだろうが、
どこぞのセレブになったかのようなサイン攻めにあっている人もいるようだ。

ジム通いや、空手・テコンドーなどの武道を始める人など、定期的に運動をしている人もいる。

おひるねタイムはBurkinaだけでなく南米にもあるらしい。

ホームステイの窮屈さを感じている人もいれば、

職場までタクシー通勤の人、バスで40分かけて通う人、
片道3キロの道のりを毎日2往復(昼休みの為)=12キロ自転車で漕いでいる人もいる。

この中では特に“ジムに通える”というのがうらやましいが、
住居に関しては立地面も一人で使えることも自分はラッキーだった気がする。

今思えば生活に関して、京都はほとんど100点満点に近い環境が揃っていた。
項目によっては120点の部分もあったと言える。
その余分な20点に日々お金を払い、充分過ぎる満たされた生活を送っていたのではないだろうか。

ここに来ていつも思うのは、少しくらい足りなくても困らないということ。
20点の項目があっても0点じゃなければ自分次第でなんとか出来る。
人には知恵があるわけだから。
むしろ足りなさが人を育てる。
満たされていては人は考えない、気付かない。

d0159222_1835624.jpg
<木の実の殻の椀で>
d0159222_18361662.jpg
<脱皮>



今日のつぶやき:
“外国へ行く者が、知ってから行こう、というのが良くない。何も用意しないで行って、不用意に見て来なければならぬ。”(by勝海舟)得るものが多いのは感動が新鮮な始めのうち。アンテナが錆びないうちに如何に多くのモノと触れられるか。明日は晴れたら外に出よう。
[PR]
by nao24d | 2010-09-04 23:00 | Au Burkina Faso