C'est la vie!

La vie du Burkina. Jour:088

2010.09.17


La vie du Burkina. Jour:088・上京

d0159222_722581.jpg
<意外に青々とした雨季のBurkina>
バスの車窓から見える景色はおよそ日本で想像していたものとは違い、
かなり青々としていて、自然の豊かさを感じるものであった。

d0159222_7264119.jpg
<途中のバス停>
各バス停では、窓に向かって売り子が必死で手を伸ばす光景が見られる。

初の上京。
d0159222_727551.jpg
<車内(STMB)>

首都はやっぱり首都だった。
タクシー移動だってそういえば1ヶ月振り。

昼間に事務所で提出物を出し終え、
夕方からは帰国される先輩隊員の送別会にお邪魔した。

まず平日に4人のために40人が集まるなんてすごいことだと思った。

そしてどの先輩の言葉にも重みがあって、
あまり詳しくは知りあえなかったけれど、
彼らはきっと隊員からだけでなくBurkinabéにも愛されたんだろうなと思った。

夜はボーリングに参加した。
しょっちゅう止まる機械のせいで、
スムーズには進行しなかったけれど、
それもBurkinaらしくて、おもしろかった。

きっとこれに慣れたら、
日本でたまーに起こるマシントラブルなんて、
全く気にならないくらいのゆとりが持てそうだ。

自分のスコアは最悪で、
チームのみなさんには迷惑をかけたけれど、
個人的にはいろんな先輩と話すきっかけができて、
良かったのかなぁと思う。



今日のつぶやき:
先輩の言葉:“2年間隊員をイライラさせるのもBurkinabéだが、一番助けてくれるのもBurkinabé”。自分の活動は彼らとの関係次第なんだと改めて思う。
[PR]
by nao24d | 2010-09-18 03:00 | Au Burkina Faso