「ほっ」と。キャンペーン

C'est la vie!

La vie du Burkina. Jour:100

2010.09.29


La vie du Burkina. Jour:100・100

100日住んで気付いたこと。
アフリカに住んでいるという現実。
これは夢じゃない、旅行でもない。

今までより随分自分の力を使って生きてる。
「生きる」ってかなり労力の要ることみたいだ。

自然に左右されるというか、
自然に生かされてるというか。

ナチュラルにとか、自然体で生きたい、とかって良く言うけど、
本当にナチュラルに、自然体で生きる、って日本(特に都市部)ではほとんど不可能な気がする。

木陰のありがたみ、クーラーがあったらわからない。
朝と夕方で微妙に位置取りを変えるあきんど達、これこそ自然体ってやつなんじゃないだろうか?

雨が降ったら働かない、天が水やりしてくれてんだからありがたく休ませてもらえばいい。
これも自然体な生き方な気がする。

日本じゃ漁師くらいしか、「降るぞ」なんて言わないけど、
こっちじゃみんなが天気をわかってる。

追記:
自然体=特別につくろったりきんちょうしたりすることのない、ありのままの態度。
日本でもできるか。良く管理された環境の中でも、特別につくろわず、ありのままでいれば。
ただ「自然の中で自然体」ではないってだけか。
(そう考えると、究極の自然体はその辺うろついてる、全裸で走りまわってるがきんちょなのか??暑いから服着ない、その辺で野グソ、立ちション。)


100日で築いた関係、
(任地で100日過ごしたわけではないけど)
d0159222_5191279.jpg
<たまねぎとパンを売ってくれるマダムとその娘>
たまねぎとパンはこのマダムから買っている。
子どもはあと2人いて3人。
顔なじみになったから写真も撮らせてくれたし、
ときどきおまけもしてくれる。

この写真プレゼントしたらたいそう喜んでくれた。

ちなみに笑顔になるまで10枚くらい撮った。
こっちの人、写真は真顔で写るもんだと思ってるみたいで…

笑顔引き出せる関係200日目までにどれだけ増えるだろう?

100日、結構早かったな。
[PR]
by nao24d | 2010-09-29 23:00 | Au Burkina Faso