C'est la vie!

La vie du Burkina. Jour:239

2011.02.15


La vie du Burkina. Jour:239・救援物資到着

実家から荷物が届く。

しかし、何やら袋で覆われていて、
d0159222_140720.jpg
<嫌な予感>
それを剥ぐと、出てきた箱は完全にナイフで切り刻まれた感じ。
d0159222_1392122.jpg
<無残な姿>
最初お好み焼きソースの破裂かと思ったけど、
空気が入る穴のあるものにまで、別の穴が開いていたのでこれは完全に開けられたもの。
航空便は比較的安全って聞いたのに、結局比較的ってだけで安全では無かった。

しかも航空便のくせに3カ月かかったし…(前回3週間程だったのに)

鮭フレークの瓶がぞんざいに扱われたせいで割れたのだろうか、
容器の包装になってるビニールのラベルと、ソースまみれになった中身のフレークの残骸がポロポロ。
抜かれたのはその瓶くらいなのかな?

他のものはソースでどろどろか、穴が空いているかで…
ゆかり、変なところから漏れる。
シャワー用のあかすりタオルも茶色になってて…

同期のO氏とも話してたけれど、
こんなことが平気で起こるBurkinaは消費者が非常に弱い立場なんだろうなと思う。
確かにバスが故障して立ち往生したときも(5分の1くらいしか進んで無かった)、
「他のに乗り換えるから、乗って無い区間の代金返せ」と言っても通じなかったし、
遅延しても何してもバス会社には逆らえない。
銀行は職員余ってるのに窓口ひとつしか開けなかったりして、1時間待ちとか…
それは水道会社でも電気会社でも同じ。
そんなことが茶飯事。

サービス業のクオリティが低すぎる。
d0159222_1381521.jpg
<今回の生存者>
まぁそんなこんなで結構カリカリすることも多いが、
今回は日本の味がなだめてくれたわけで…

前に塩昆布来た時も書いたような気がするけど、
美味しいものは幸せを運んでくる。

唯一のお菓子、チョコボールキャラメル味。
懐かしかった。
そして美味かった。
よく考えてみると、これは60円もする高級お菓子(いつもの1食より高い)。
「60円もする」の感覚、日本で生活するほとんどの人にはわからないだろうが…
チョコだけに1日遅れのハッピーバレンタインだった。


実家からの荷物とは別に、生物多様性フォトコンテストの入選作品の冊子も届いた。
入選したのが恥ずかしいと以前ツイッターで嘆いていたように、
公表欄に写真の技術がいまひとつとばっちり書かれている、by国連大学の副学長さん。痛すぎる。

それでも入選したのはテーマを的確に捉えていたからなのだろうか。
それだけに、もし、あの場面をコンテストの為に狙って撮ってたら…と思うと惜しい気もする。
コンテストの為に撮るとそれはそれでヤラセみたいな、いやらしさが出てしまいそうだけれど…
少なくともあれはただの記録で「作品」では無かった。

反省ばかりだけれど、最初にこれが結果として残るわけだから、
いつもこれを戒めに「作品」にできるものを撮っていきたい。


荷物、一気に2つ来るより、
若干間隔を空けて来てくれたら、
ワクワクも2回できるのに…

届いたからこそ言えるわがままだけど。

現在、船便待ち(3か月経過)
[PR]
by nao24d | 2011-02-15 23:00 | 任地・生活