C'est la vie!

10ヵ月

2011.05.15


一時退避24日目・10ヵ月

Burkina滞在は10カ月だった。

その間に、家の近くには新しい自転車屋がオープンしていた。
そこで今日は、この10カ月間乗らずに傷んでいたマウンテンバイクを修理してもらった。

この自転車屋以外にも10ヵ月という時間に新しく建った建物は数えきれない。
日本は変化のスピードが速いなぁと改めて思う。

しかし私がそうした変化に違和感を感じるのは一瞬で、
その後、案外簡単に新しい風景を受け入れ、適応し、
少しすれば元の風景がどんなだったかさえ、あっさり忘れていることが大半である。

マウンテンバイクの「10か月」が埋められるほんの一瞬の間、
私はその作業を見つめながら、京都の「10カ月」と、Burkinaの「10カ月」を擦り合わせた。

変化のプロセスや、埋もれてしまった一過性の出来事に関する情報は中抜けしているものの、
10カ月が生み出した結果には、いとも簡単に感覚をadjustできている、
いや、もはやadjustしている実感すらないとも言える。

そして、普段通りペダルを漕いでうちに帰った。
任地で別の自転車を漕いでいたはずなのに、10mも漕げばまるで違和感は無かった。
[PR]
by nao24d | 2011-05-15 23:00 | Japon