C'est la vie!

そうだ 『鈍行で』京都、行こう。②

2011.07.07


一時退避77日目・そうだ 『鈍行で』京都、行こう。②

七夕に一人旅。
世の中はカップルだらけ。

鈍行で京都へ、2日目の記録。

d0159222_2164278.jpg
<玉簾の瀧>
09:10@箱根湯本
温泉の裏にある2つの滝のうちのひとつ。
2つの瀧の間を登ったところには、神社が。
箱根大神が祀られており、縁結びや無病息災、この地の水の守り神の社として、古くから崇められているそうだ。

d0159222_2175279.jpg
<玉簾神社の紫陽花>
09:16@箱根湯本
箱根は7月のこの時期でもまだまだ紫陽花の季節らしい。

d0159222_2139364.jpg
<箱根登山電車の運転室>
11:02@箱根登山電車
小雨が降り山からの見晴らしは悪かったけど、雨に濡れる紫陽花の中を行く電車というのは、ええ味出してた。

d0159222_21453391.jpg
<箱根写真美術館>
12:03@強羅-公園下(箱根)
本日最初の目的地:箱根写真美術館。写真美術館と言えば東京都写真美術館と入江泰吉記念奈良市写真美術館の2館しか知らなかったが、ここ箱根にも個人の小さな写真美術館があった。風景(自然)写真の写真家さんが設立なさったもので、自然の神秘を感じるというか、精霊的なものの存在を感じる写真が展示されており、癒され、またパワーを得ることができる空間だった。

d0159222_22414084.jpg
<箱根登山ケーブルカー>
13:00@公園下(箱根)
強羅駅から早雲山駅まではケーブルカー、それより上はロープウェイで昇る。写真は下りの途中で写したもの。かなりの急勾配。ちなみに天気悪いけど中はカップルとお年寄りばっかり。

d0159222_2303474.jpg
<小田原~熱海間の車窓>
14:28@熱海近郊
東海道線、かなり海沿いを走ってるんだと気付く。韓国に世界一海岸の近い汽車駅っていうのがあったけど、これもかなり善戦する気がする。ただ、東海地震あったらどうなるのか?と思うけれど…

d0159222_2351219.jpg
<沼津港>
16:20@沼津
in沼津。小田原、熱海を通過。沼津で海産物食べて浜松まで行く!が今日の予定。東海道線は奈良線以上に空いている。そして静岡入っていきなり中高生が田舎っぺ感を醸し出し始めた。東海道『本線』なのに、ローカル線の匂い。素朴な感じで印象は良いが 笑

d0159222_2381897.jpg
<魚河岸丸天丼>
16:42@沼津
沼津港、丸天さんの『魚河岸丸天丼』を頂く。刺身も美味いが、付いてくる味噌汁が感動的に美味い!!アラでダシ取ってるみたいで、さすが沼津港!って思える逸品。

17:17@沼津
どんぶりの縁にへばりついて気付かれない白子を見てると、切ない。捕まり損な感じ。お姉ちゃん、彼も残さず食べたげて!!

17:25@沼津
美味しいからって味噌汁最後まで残してたら、冷めてて非常に残念なことになった…性格上良くやるミス。

17:30@沼津
いざ浜松!2時間くらいかかるらしい…(~∑~;)

d0159222_2314747.jpg
<魚河岸丸天>
17:36@沼津
次は彼女と来なさいって言いながら、水筒に冷たい麦茶まで頂いた。小さい子どもには帰り際うまい棒のお土産。そういう食堂すっかり減ったよな。温かくて懐かしい感じがして、お腹だけじゃなく心も満たされる。ご馳走さまでした。

18:06@沼津
七夕やのに天気悪い…沼津じゃおそらくベガもアルタイルも見えない。そういえば去年の七夕はマラリアやったし…織姫と彦星に見放されてる?浜松に期待。

19:40@静岡周辺
東海道線の車内で、車掌さんが優先席付近で携帯を使う男性を注意していた。JR東海、お見事。それが仕事だと言っても、だめなことをだめって言うのは、なかなか勇気が要ることだと思う。電車の旅、良いもの見させてもらった。

d0159222_232029.jpg
<鈍行2時間の途中>
20:44@浜松周辺
負けないぞ岩手のTシャツを着て京都弁を話す旅人に静岡県民はとても優しかった。

d0159222_2336261.jpg
<雨の浜松駅>
21:30@浜松
浜松着。ここも結局雨。途中で携帯の充電が切れた為、かなり迷いながらも栄えたところをうろうろしていてネットカフェ発見。充電と休息、そして明日どこを観光するかの情報収集中。静岡県はマジで長かった。熱海からだと浜松の方が東京より遠いっていう…

本日行ったところ:箱根山・沼津・浜松(小田原・熱海経由)。
[PR]
by nao24d | 2011-07-07 23:00 | Japon