C'est la vie!

【YF3×NICCO】 現地災害ボランティアプログラム15期(7月24日~30日)レポート

2011.07.31


一時退避101日目・【YF3×NICCO】 現地災害ボランティアプログラム15期(7月24日~30日)レポート

私にとって3度目の被災地入り。
その1週間のまとめとなるレポート。
拙い文章ではあるが読者のみなさんにも共有したいと思う。

↓以下↓

【参加日程・活動内容】
Youth For 3.11と公益社団法人 日本国際民間協力会NICCOが提携した現地災害ボランティア。
私たちはこのプログラム第15期のメンバーとして、16名(+継続の2名)のチームで、一関を拠点に、気仙沼・大島・陸前高田で活動しました。
なお、15期は、

・ガレキ撤去班
・炊き出し班
・某劇団OGの方々のイベント補助班
・建設班

に分かれての作業となりました。

なお、私自身はイベント補助1日、ガレキ撤去1日、建設3日という順で作業にあたりました。
各作業の内容は以下に示します。

①イベント補助
某劇団OGの有志の方が実施される被災者に向けた公演の補助、具体的には音響装置のセッティング、操作、及び片づけをしました。3日連続・計7公演の、1日目2公演に携わり、この日は陸前高田市の病院とかつて避難所となっていたお寺が会場となっていました。

②ガレキ撤去
2日目のガレキ撤去班の活動は、陸前高田市での水路に溜まった泥・ヘドロの除去作業でした。また水路の先をガレキの山が塞いでいたので、本来の流れから逸れたところに別の水捌け口を作ろうと試みました。

③建設
NICCOの東北支援活動拠点となる事務所建設が進んでおり、その補助の仕事が活動3日目から追加され、3日目~最終日5日目までこの現場での作業にあたりました。すさきり(わらを適当な長さに切り分ける)・土壁の素材作り(泥をだまが無くなるように踏む)、及びそれらを混ぜて均質になるように練るという作業が2日続き、最終日はそれに加えて屋上緑化用の土作りとして、山から運んできた土に赤土を混ぜふるいにかける作業を行い、出来たものを屋上に運搬しました。
d0159222_23577.jpg
<土壁の素材作り>

【心に残ったこと】
・つながり
自分が被災地の方と繋がりを持てると、被災地で起こったことの見方が変わってくるのを感じました。
どんどん知るに連れ、繋がるに連れ、それが別の世界で起こった出来事では無く、自分に近いところで起こった問題として感じられるようになりました。
活動の当初は、自分の無力さを感じることも多くありましたし、先の見えずらさに辛くなるときもありました。
でも、自分の中で「きっとあの人の笑顔に繋がるんだ」、と誰かの顔が見えるようになってからは、前向きな気持ちで取り組めたと思います。
d0159222_2313845.jpg
<陸前高田・希望の一本松>

・学生ができること?学生だからできること?
私が以前別のプログラムで訪れたときに比べ、現地のガレキの整理は進んでいるように感じました。ですが、ガレキもヘドロもまだまだ残っていて、この「100年分のごみ」を片づけるにはまだまだ重機も人の手も必要だと感じました。
しかし、事前研修で聞くまで知りませんでしたが、今回の震災に関わるボランティアの数は阪神大震災のそれよりも随分少ないそうです。
時間的にも体力的にも余裕のある学生が現地でマンパワーとなることは、復興の大きな追い風になると思います。
そして、被災地を見た私たちが先頭に立って、まだまだガレキは山積みなこと、そして支援の手はまだまだ必要だということ、これを継続的に発信しなければならないと思いました。最終日のリフレクションで話題になった、「利害関係に囚われていない学生からの呼び掛け」が持つ意味、力は大きいはずです。

・某劇団OGの方々から伺ったお話
公演の演目にAKB48のヘビーローテーションがあり、そのパフォーマンスに、当初反対意見を持っておられた方がいらっしゃいました。しかし、実際蓋を開ければ被災者の中にもこの曲を踊れる方がおられて、その方と一緒に踊ったことで会場は大盛況となり、おそらくこの日一番の盛り上がりを見せました。そのとき、某劇団OGなのに、どうしてそんな音楽をやるのか?と自分のやりたい曲を見せたい、自分が得意なものを見せたい、という想いが先行し、被災者がみたいもの、聴きたい曲を届けよう、という想いがなかったことに、ボランティアとして、歌手として、自分は了見が狭かったとおっしゃっている姿がとても印象的でした。私たちも、ともすればボランティアをしに来ている、何かを届けに来ている、そんな錯覚に陥りがちですが、復興の主役はやはり被災地の方々で、私たちはそれをお手伝いさせて頂いているのだということを忘れてはいけないと感じました。

・チームで動くこと
このプログラムではグループではなく、チームとして動くことが求められました。仲間とゴール(目標)と思いを共有し、活動にあたるということです。他の期に比べ男性の割合が高く、そして試験期間と重なった為か年齢層も少し高かったようですが、私たちも他の期に負けないチームワークを築けたのではないでしょうか。リピーターでもあったリーダーがみんなを良くまとめてくれましたし、叱ってくれる先輩、勢いのある高校生、学問的にも得意分野の異なるメンツが揃っていて、それぞれがそれぞれのカラーでチームに良い風を送っていたと思います。
毎晩のリフレクションではついつい時間を忘れて話込んでしまうこともありましたが、各々の主観がぶつかり合うその濃密な時間が、絆を深め、士気を高めてくれたと思います。これもこのプログラムの大きな特徴ではないかと思います。日常のコミュニケーションの中で、聴く、受け止めて考える、発信する、という作業をここまで大切にすることはなかなかありません。被災地では身体はもちろんのこと、心が疲れてしまうことがありますが、それをみんなで分かち合えたことが、一丸となって活動できた大きな要因だったと思います。
d0159222_230679.jpg
<銭湯にて、15期男子>

・最後に
実質5日間の活動では、やっと感覚がつかめてきたというところで終わってしまった感があります。私たちはまだボランティアのスタートに立ったばかりだという声もありましたが、まさにその通りだと思います。あれが一週間の被災地ツアーになってしまわないように、このあとどう繋げていけるかが重要だと思います。
私を含め、簡単に答えの見つからない問題の前に、各々がモヤっとしたものを感じたと思います。それに対して悩み続けること、同じ想いを抱える仲間と共に考えること、そしてその気持ちを周りの人にも共有すること、これは今すぐに始められる事であり、また、継続していかなければならない事だと思います。
復興の狼煙を絶やさないようにと、すでに被災地へ戻ることを決めたメンバーもいます。私はしばらく被災地には戻れないかもしれませんが、自分の居場所でできる事を探します。

なにがなんでもみんなボランティアに行って下さい!とは思わないですが、行かない前向きな理由を考えるくらいなら、行って欲しいと思います。もしそれができないなら、関心を持ち続けること、忘れずにいることだけでもしてもらえればと。被災地のためにできることは日常の生活の中にもあるはずです。

西出直哉

↑以上↑

ちなみにこれは学生が参加できるボランティアだったが、
今秋大学院を受験するということで、参加させて頂いた経緯があり、
「学生」というワードが出てくるのはその為。

受かれば良いのだけれど…
[PR]
by nao24d | 2011-07-31 23:00 | Japon