C'est la vie!

五山の送り火

2011.08.16


一時退避117日目・五山の送り火

物議を醸した五山の送り火。
詳しい経緯はこちら

京都バッシングが凄いけれど、
放射性物質云々の前に、
この行事は1年以上かけて入念に準備することで守られて来た京都の伝統だっただけに、
陸高の松が簡単にそこに割り込むことができなかったのだろうと思う。

でも保存会が一度受け入れると発言したのが問題だった。
最初から毅然とした態度で受け入れ拒否し続ければ良かったのではないかと思う。

たられば、言っても仕方がないけれど。
d0159222_0314782.jpg
<送り火:大文字>

そんなこんなで複雑な気分ではあったけれど、
大半の人はお構い無しな雰囲気で、
今シーズン最後であろう浴衣に身を包んだ大勢の観光客が場を賑わしていた。

私自身この五山の送り火に関して、今まではただのイベントって思っていた。

しかし、震災があって祖母も他界した今年は、
例年以上に感慨深く、そして本来の意味を噛み締めて観れた気がする。
みんなちゃんとかえって行ったかな?

そろそろ夏も終わりだ。
d0159222_0315931.jpg
<送り火:法>
[PR]
by nao24d | 2011-08-16 23:00 | Japon