C'est la vie!

La vie sans le courant

2011.09.24


17日目・La vie sans le courant(電気の無い生活)

今週月曜に配属され、今日で任地は6日目。
しかし未だ電気が来ない為、家ではメールも確認できず、昨日・今日とネットカフェに来ている。
昨日は事務所からの定期連絡確認も兼ねていたけれど、今日は完全に暇を持て余している感じ。
d0159222_5325888.jpg
<ネットカフェ>

土日はSONABEL(電力会社)も閉まってるから、
月曜までは少なくとも電気の無い生活が継続するわけで、
電気無しは7日以上が確定。

夕方以降電気が無いと何もする気にならないし、
木曜日はなんと18時57分に布団に入ってた。
仕事は良い感じで復帰できたけど、生活の方はリズムがなかなか掴めない。

昨日は昨日で、近所のブティック(売店)の灯りで日記を書いたし、
現地の人から見ると、全然白人らしからぬ行動をしている。
今日もランプの充電、横のコンセントでさせてもらってるし 苦笑
いろんな人に感謝の日々。

電気無いからって自堕落な生活になりがちだったけど(ある意味規則正しかった?)、
今日は土曜だったので初めて自炊もしてみた。
といってもパスタに日本から送られて来たソースをかけただけだけど。

ただやっぱり明るいうちしか料理できないから、平日はまだ外食になりそう。
でもお腹壊すこともないし、Burkina料理への慣れはちゃんと残ってたみたいで良かった。

そんなこんなで、
最近は家に帰っても暗くて寝るしかないから、外食ついでに街の人とよく話をする。
その際、出国直前に買ったi Pod touchがかなり役立ってて、
そこに街の人を撮った写真を入れて見せたり、
ソーラン節の映像や、アニメなんかを入れて見せるとすごく盛り上がっている。
d0159222_5341929.jpg
<放課後の遊び相手たち>

家に電気が無くても、なんとかやってきた1週間。
いろんなことに気づく、良い時間だとも思えるようになってきた。

以前、同任地の隊員が、
彼女の家の灯りで現地の子が勉強しに来ることを、地味に嫌がってたなぁって思い出したけど、
今度からは電気くらい寛大にどうぞどうぞと貸してあげようと思う。
ちょっとした心境の変化。

初めて我が家に電気がやって来た日、
みたいな感動、きっと日本じゃ滅多に感じられないだろうけど、
今の私はその日を未だか未だかと待ちわびている。
[PR]
by nao24d | 2011-09-24 21:00 | 任地・生活