「ほっ」と。キャンペーン

C'est la vie!

Le calendrier

2011.10.02


25日目・Le calendrier(カレンダー)

10月を迎えた。

2011年も3/4が終わり、
当然ながら任期も終盤に入っているわけで、
改めて数えるともう250と数日後には日本に戻っていることになると知った。

あんなに長いように思っていた2年は、
途中日本を挟んだせいかあまりに短い気がしてきた。

4月のままだったJICAカレンダー。
9月はそのまま放置していたけれど、
今日10月までめくってみた。

そこには日本の田んぼで米作りのノウハウを学んでいる海外の研修生の写真が使われていた。
おそらく時期は収穫のシーズンなのだろう。
d0159222_10433174.jpg
<10月を迎えたわが家>
5月、6月、7月、8月、9月と刻んで10月をめくれば、
ちょうど活動が実り始める時期にリンクしていたかもしれない。
ふと、そんなことを思った。

飛ばしてしまったその5枚のカレンダーは、
虚しい程、やけにあっけなくめくれてしまった。
何の重みも感じることなく…

破り捨てたカレンダーも、その時間も元には戻らないから、
悔やんでも仕方ない、前を向くしかない。

これからはその1枚1枚がしっかり重みあるように感じられるよう、
充実した1月1月、1日1日に、していきたいと思う。
[PR]
by nao24d | 2011-10-02 21:00 | 心境