C'est la vie!

Un paquet

2011.10.07


30日目・Un paquet(小包)

日本からの小包が届いた。
9月26日に発送された母からの荷物。
私書箱に案内が届いていたのは昨日だったらしく、
実に10日間でやってきた計算。
新記録である。

以前全く同じ発送方法で4カ月要したこともあった為、
まさかその荷物だとは思わず、完全にサプライズだった。
おそらく劇的に郵便システムが発達したわけではなく、
ある意味これは事故なんだろうと思う。

中身はお菓子の盛り合わせと、レトルトのふかひれスープ。
なかなか面白いチョイス。
しかし、母さん、Burkinaにチョコレートはいけません。
全部溶けてひっついてる感じ…
今回10日だったにも関わらずこれなので、
以降是非チョコ系は外して頂きたい。
なぜか異様にチョコ率高かった。
パイの実とかポ○キーじゃなくてト○ポとか、
中にチョコパターンはOKです。
グミ・ハイチ○ウは◎

でも、ちょうど日本のお菓子が恋しい時期だったので素晴らしいタイミングの救援物資でした。
お母さん、どうも。

一人で食べるのもなんだか勿体ない気がして、
さっそく仲良しのがきんちょ(ヨーグルトの屋台のマダムの息子たち)におすそ分け。
d0159222_1112882.jpg
<カントリー○アム>
やらせ写真 笑

お兄ちゃんの方、マンビはすぐに食べて、次を狙うちゃっかりタイプ。
いつも私が何か食べているとおもむろにやってきては洗ってない手をダイレクトに突っ込んで、
中身をかっさらっていくやんちゃ坊主。
なおやは怒らない、と高をくくっているのだろうが、
実際かわいいから構わず甘やかしていると、どんどん抜け目なくなってきた。
そろそろしかるべきなのか?
いや、お母さんが叱ってくれてるから良いか!
あと、携帯電話、カメラ、i Podに夢中で好奇心旺盛な一面もある。
繋がってない電話を耳にあて、
"あろー、しゃば?(Ça va?:サヴァがちゃんと言えてない)"って繰り返し始めると止まらないのが
キュン死に寸前のかわいさ。

弟、アニセは大事そうにちびちび食べて、袋に何度も戻して、眺めて、と
出来るだけ長く楽しもうとするタイプ。
兄貴のガツガツっぷりをよそに、あんまりおっとりなだけに、
何かしら損しちゃいそうで、いつも応援したくなる愛すべき存在。
最初は肌の白い日本人をめちゃめちゃ怖がってたけど(隠れるわ、大泣きするわだった)、
今じゃすっかりなついてくれて、おっとりでも彼は彼なりに成長しているみたい。
最近お母さんのお手伝いをするようになったのだけれど、その姿、動画で見せたい!
たどたどしくお皿洗いしてるのが、愛くるしいこと愛くるしいこと。
d0159222_1132526.jpg
<お仕事中のお母さん>
もう1つお母さんに渡すと、
お母さんは店のお客におすそ分けしながら食べてくれて、
同じ家族でもみんなそれぞれ違うんだなと、
各々の性格が垣間見れておもしろかった。
Burkinabéとひと括りにはできないなぁと思う。

ゴミをその辺にポイっとやっちゃうので、
行方をしっかり見てないといけないんだけど、
こういう個包装のお菓子はおすそ分けしやすいので大歓迎です。

またお待ちしております。


そうそう、Burkinaからのお便り希望の人は、
小包でも手紙でも送って頂ければ任期終了間際の到着でなければお返事致します!

シアバターの石鹸が買いたい!とか、
ドライマンゴー送って!とか、
ブルキナ代表のユニフォームを1着とか、
はたまた私の活動に関係する職人さんの製品が購入したい!とか、
そういうのも出来る範囲で代行しますので、早めにご相談を!!

宛て先は
B.P.057 Koupéla Burkina Faso
M. NISHIDE Naoya
とても簡単、送るっきゃない!

マンビ・アニセに会いたい方は、是非直接Burkina・Koupélaにお越しください!
d0159222_116352.jpg
<マンビとアニセとノアガ>
待ってるよー!!
[PR]
by nao24d | 2011-10-07 21:00 | 任地・生活