C'est la vie!

Le jour du marché

2011.10.06


29日目・Le jour du marché(市場の日)

任地Koupélaでは3日に1度のペースでmarché(マルシェ:市場)が開かれる。
それ以外の日にも店は出てはいるのだけれど、その日は数倍の人が出店しに来るのだ。

最近始めた活動のひとつ、飲料水のSachet(サシェ:袋)のリサイクル製品制作。
それに携わってもらう仕立て屋さんに正式に依頼をしに行くところだったのだが、
今日はまさにそのmarchéの日で、辺りは多くの人でごった返していた。
d0159222_5464537.jpg
<"marché"の日の街>

そういえば再赴任後、marchéの日にここを通るのは初めてだったことに気づく。
d0159222_6124012.jpg
<甘くないお菓子を売る女性>
このおばさんが売っているのは、
落花生をペースト状にしたものを揚げて作ったお菓子。
ドーナツ型でかわいい感じだと思って食べると、
全然甘くない。
人生そんな甘くないわよ、って味。深い。
d0159222_6143041.jpg
<ごちゃごちゃ感たっぷりの市場>
あんまり寄って撮影できないから、
並んでる野菜とか肉の感じはあんまり伝えられないけれど、
このごちゃごちゃしてる感じがBurkinaのmarché。
こういう眺め、嫌いじゃない。


ここKoupélaは高頻度でmarchéを開く街だと思う。
他の任地では週1回というところもあると聞くからだ。

もともと交通の要所で、各地で生産される工業品を手に入れることも容易い上に、
こうして地域の農産物、畜産物が安くで手に入るmarchéが頻繁に開かれるというのは、
生活する上でかなり好条件なところではないかと思う。
何かあれば2時間で上京できるし、
でもそこまで都市化していなくて落ち着いたところがあるし。

marché紹介、任地自慢はまだまだ尽きないのだが、それぐらいにしておこう。


さて、
この3日に1度というペースなのだが、
これは絶対の間隔で維持されている。

marchéは日曜も祝日も関係なく、週に2回、ないし3回確実に訪れるもの。

ここの人たちの生活に沁みついていて、
生活のリズムを作っているとも言えると思う。

公務員は土日が休みというリズムで一週間を刻むが、彼らは圧倒的にマイノリティ。
私たちボランティアは配属先の省庁と同じペースで出勤するからそのリズムなのだが、
この5勤2休のリズムは、そこまで"一般的"では無いのかもしれない。

キリスト教の色が強いKoupélaなので、
まさにキリスト教的な日曜は安息日、というリズムがもっと浸透しても良い気がするが、
一般市民は、日曜にお祈りに行こうが、あくまでもmarché基準な人たちなのだ。

でもそうやって考えてみると、
約束があまり守られないこと、いわゆるカレンダー通りが苦手なこと、
その理由がなんとなく理解出来る気がするのだ。

同僚が、
自分がカレンダーの書かれた手帳にいろいろ書いているのを不思議そうに見つめ、
それ、すごく便利そうだね、と言っていたのだが、
よく考えてみればこの職場で誰かが手帳を使ってるの、ほとんど見たことがなかった。

省庁では何をするにもlettre(レター:公式書状・通達)が必要と言われ、
事前に承認を得る、アポを取るというのが絶対とされるのだが、
でも彼らの本来のリズムでは、何日も先の約束というのは、普通じゃない気がする。

やっぱり3日、3日以内のことなら、約束は上手くいくし、
明日はmarchéだからあさってね、なんてやりとりも多いもので、
marché中心のそのリズムこそ、ここで一番尊重すべきリズムなのではないだろうか?
そんな風に思う。

街の人には無茶ぶりでもなんでも、1日前の約束が一番スッと通る。
(marchéが挟まる場合は2日前の約束)
日本に帰ってそのままだったら確実に干されてしまうのだろうけど、
このリズム、このスタイル、馴染んでしまえば私はあんまり嫌いじゃなくなっている。
いや、本来の自分自身がそんなスタイルなんだったのかもしれない。(ちょっと反省)

d0159222_5512945.jpg
<はらぺこあおむし>
marché紹介・オマケ:
marchéの日にはちょっとした玩具も道端に並んでいることがある。
今日も人形というか、ぬいぐるみが並んでいるところがあって、
少年が原作を知ってか知らないでか、はらぺこあおむしを持って遊んでいるところに遭遇した。
はらぺこあおむしファンの後輩が大学にいたなぁなんて思い出したりして、
確かにこのはらぺこあおむしは、世界的あおむしであるとはと思うのだが、
おそらく先進国からやってきたのであろう彼(=このぬいぐるみ)がどんなストーリーでここまで辿りついたのか、
すごく気になるところだった。

アフリカにくるおもちゃ版、トイストーリー。
紆余曲折はあったにせよ、きっとこれから大事にされて、彼にはハッピーエンドが待っているのかもしれない?
[PR]
by nao24d | 2011-10-06 21:00 | 宗教・文化・習慣