「ほっ」と。キャンペーン

C'est la vie!

Le maïs

2011.10.10


33日目・Le maïs(とうもろこし)

Burkina生活もいつの間にか2年目ということで、
退避で若干抜けている時期があるものの、
1年を一通り過ごしたことで、
農作物の旬みたいなものは何となくつかめてきた。

戻ってきた9月の初旬ごろはMaïs(マイス:とうもろこし)の時期で、
首都の隊員宿舎近くでも、路上で炭火焼している姿をよく見かけた。
d0159222_8281057.jpg
<近所の飲み屋の大将>
任地に再配属され、10月に入って少し見る頻度が減っては来たものの、
ご近所さんや、近くの村の人からおすそわけされるなど、まだとうもろこしの恩恵にあずかっている。
d0159222_8291795.jpg
<炭火焼とうもろこし>
こっちのとうもろこしはかなり粒が堅く、甘くもないので、
日本のスイートコーンを想像すると、若干残念な気もするが、
慣れるとBurkinaの味って感じがして、ついつい手を伸ばしてしまう、そんな代物。

時期の作物は安いから、財布にも優しい。

そろそろ雨季も終わるわけで、そうすると今度はトマト・玉ねぎがある日突然2倍の値段に跳ね上がる。
でも、米の収穫が始まって、
市場にはグァバやすいかやカリテ(シアバターの減量となる種が取れる果実)が並ぶだろうし、
もーっと時間が経てば、アボカド、首都ではイチゴが食べれて、人参、、マンゴーの時期もやってくる。
そして次の雨季が来る。

Burkinaには雨季・乾季って2つの季節しかないと言われるのだけれど、
乾季の中にも寒い時期、暑い時期があるし、
農作物基準で見ても、時期モノの野菜や果物が結構あるわけで、
夜空の星座が巡るのと同じように、
季節が巡っているのを実感する。

趣深くバラエティに富んだものだ、とは言いにくいけれど、BurkinaにもBurkinaの暦があるんだなぁ、
とそんなことを思いながら、また堅ーいとうもろこしにかじりつく夕暮れどき。
次から醤油持参しようかと迷う今日この頃である。

追記10/31:
カリテは調べてみると、7月8月の果物らしい。
去年、任地に着て少ししてから食べた印象だったけど、
着いた当時にもうすでに時期に入っていたらしい。
[PR]
by nao24d | 2011-10-10 21:00 | 任地・生活