「ほっ」と。キャンペーン

C'est la vie!

Fabrication des petits sacs par le recyclage des sachets d'eau 2

2011.10.13


36日目・Fabrication des petits sacs par le recyclage des sachets d'eau 2(水パック再利用によるポーチの制作2)

Sachet d'eau(サシェ ドー:飲料水のパック・袋)のリサイクルに関しての続編。
(第1弾の記事はコチラ)
d0159222_6524294.jpg
<制作中の手元>
今日はtailleur(仕立て屋)さんのリサイクルポーチ制作過程を録画させてもらった。
今回は販売目的で、30個のポーチを作成してもらおうとお願いしているのだが、
ずっと作業を見ていると、関わって下さっている2人の職人さんの技術に結構差があるのがわかった。
これはなかなか痛い問題。

JICAの事務所で販売するとなると、ターゲットは日本人や海外のドナー。
だとすると、高いクオリティで作ることと、1つ1つ同じクオリティで作ることは売上UPの必須条件。
d0159222_6544950.jpg
<ベテラン>
上手な方は少し修正点を伝えたけれど、とりあえずこのまま頑張ってもらう方向、
d0159222_6554015.jpg
<若手(ガルちゃんの弟)>
ただ、もう一人はかなり頑張ってもらわないといけなさそうだ。
返事は威勢が良いのだけれど…

でもまぁ、要求しているのは慣れない作業、かなり細かい作業だと思うし、
基本的な技術や、仕事の早さだけみれば、さすがだと思う。
もちろん素人の私には敵わないことは明らか。

2番手が育って行けば、そのプロセスは今後この取り組みを広げていく上で参考になるのかもしれない。
人を育てることと、品質の向上・維持。
このバランスを上手く取りながら進めて行かなければならない。


なお、制作にかかるお金に関しては、
足繁く通ったのが良かったのか、全容が少しずつ見えてきた。
やっぱり、足で稼ぐ、というか、ボランティアは動いてなんぼだなぁと思う。

あとは販売価格をどうするか…
[PR]
by nao24d | 2011-10-13 21:00 | 活動・配属先