C'est la vie!

NAK(Nuits Atyipiques Koudougou)

2011.12.03


87日目・NAK(Nuits Atyipiques Koudougou)

毎年年末のこの時期に開催されるKoudougouの音楽祭・NAK(Nuits Atyipiques Koudougou)。
会場には土産物屋や屋台も出店されており、辺りはお祭りムード一色。

今日はそこで私を含め15名のボランティアと1名の事務所スタッフの方、
そして現地の青少年団体の子どもたちと共にソーラン節を踊ってきた。
<"JOCV Burkina Faso ソーラン節 @ NAK 2011">
Burkina隊員にはこの動画は重いかもしれないが、
とりあえずYouTubeにUPしたのでここにも載せておく(ちなみに私は最前列で白いシャツを着て踊っている)。

現在24名のBurkina隊員のうち、観客としてやってきた2名も含め総勢17名の隊員がKoudougouに集まり、
踊っていた3分間はあっという間だったけれど、久々にJOCVのパワーを感じる1日でもあった。
退避という時期を乗り越えた仲間ということもあり、隊次を超えひとつになれたのではないかと思う。

また、終了後には環境啓発劇が行われ、
残念ながら任期短縮された環境省配属の先輩隊員の意思も受け継がれた。

これだけの人が集まったのは、その先輩隊員をはじめとするKoudougou隊員の人徳によるものだと思う。

宿としてお世話になった隊員のお宅では、
自家製ピザ(おうちに自作の窯がある)などのごちそうを頂き、
非常に楽しい時間を過ごすことが出来た。

共に汗を流したあとの『打ち上げ』というのは、
2年の任期中でもなかなか経験できないことで、
そこに参加することが出来たことを非常に嬉しく思う。

準備に奔走して下さったKoudougouのみなさんに、
また共にソーランを踊った仲間たちに、心から感謝を。
d0159222_742685.jpg
<集合写真>
[PR]
by nao24d | 2011-12-03 23:00 | 国内イベント・観光・旅行