C'est la vie!

世界の車窓から

2011.01.03


118日目・世界の車窓から

ブルキナの鉄道を体験しようと、今日はOuagaからKoudougouまで2時間の列車の旅をしてきた。
d0159222_9132769.jpg
<サヘルの風景>
車窓から見るブルキナ。
その赤い大地には、紅葉する木も、雪化粧する木も見当たらないが、
この時期は白いおしろいをしたかのように、サヘルの砂を纏った木々を目にすることが出来る。
少し身を乗り出そうと窓を開けると、たちまち砂が舞い込み、乾季の臭いが車内にたちこめてきた。

d0159222_9144399.jpg
<鉄道車内>
鉄道の車内では席や通路が詰まっていない限り、私たちは自由に動くことができる。
大きな荷物を抱えコートジボワールに出稼ぎに行くブルキナベや、
バカンスでヨーロッパからやってきた旅行者、さまざまな人々の横顔を眺めることができる。

d0159222_918740.jpg
<コートジビール>
1等席と2等席を繋ぐスペースにはBARがあり、
軽く食べたりお茶できるだけでなく、アルコールも揃っており、
ブルキナはもちろん、コートジボワールのビールも飲むことができる。
互いに見ず知らずの旅行者たちも、グラスを持てば国籍も肩書も関係無く、たちまち打ち解けて語らい始める。
d0159222_9161582.jpg
<車内BARのカウンター>
カウンターにはそれを見守る気さくなムシュー。
時折り陽気に客と言葉を交わしながらも、揺れる車内でしっかり料理を仕上げていく。
コートジまで37時間の長丁場、
お客の食欲をどうさばいていくのか、最後まで見守れないのが少し残念だった。


旅と言えば、この間観た映画、「モーターサイクル・ダイアリーズ」が思い浮かぶ。
この映画では、バイクが壊れて移動手段が徒歩になってから、南米を旅する主人公たちの物語が大きく動き出した。
彼らがバイクで移動していたころ「ここから、あそこへ」とすっ飛ばされていた2点が、
歩くことで出逢ったさまざまなエピソードによって、
「あそこから、○○と出逢ったこのルートを経て、ここへ」と繋がっていったように、
旅には出発地と目的地以外のプロセスにも意味があって、そこから得る感動や学びも多い。

そういう意味では、歩きには到底及ばないとしても、
高速バスや特急列車より、幾分この鈍行列車からは、得られる旅の喜びが大きい気がする。
週3便しかなく、速度がバスにも劣るため、利便性が高いとは言い難いけれど、
旅することを目的に旅をするなら、間違いなく感動的な時間を与えてくれる素敵な空間だった。

鉄道好きな旅行者や、旅好きな隊員には是非おススメしたい。
d0159222_9201313.jpg
<先頭車両・Koudougou駅にて>


さてさて、
上京しては来たけれど、なんとなく他力本願だった今年の年末年始休暇。
毎日毎日いろんな人と代わる代わる会っては、楽しませてもらったけれど、
最後にこうして自分の時間を持つことができて、すごく充実した気分になった。
幸先良いスタートを切れたかな、と思う。
[PR]
by nao24d | 2012-01-03 23:00 | 国内イベント・観光・旅行