C'est la vie!

空手教室

2012.01.12


127日目・空手教室

今日は任地の空手教室参加して来た。

Burkinabéの師範でしょ?となめてかかると、ぶちのめされるくらいの、ガチ空手教室。

日本語で「正面、礼、タタミ、礼、審判、礼、先生、礼、互いに、礼」って礼して始まる本格仕様
(正面がどっちなのかわからず、タタミもないし、審判もおらんかったけど、勢いはほんまもん)。
日本人顔負けの礼節を重んじるそのマインドに、へたれ日本人の私は圧倒されっぱなしだった。
中でも、師範が装飾品をつけっぱなしの子どもを見るやいなや即ビンタ、ってのは衝撃的だった。
他にも、脱ぎっぱなしのサンダルが畳とされるゾーンに散らかっていればお説教
(タタミと呼んでいるが実際コンクリ、土の地面より若干高くはなっている)、
稽古中に雑談多い子は途中で帰らされてもいた
(帰れって言われて日本なら帰らないことも多いけど、Burkinaの子はじゃんじゃん帰る)。

その光景をみて昔少年野球やってたころを思い出した。
あのころの指導者はこれぐらい叱ってたよなぁ、なんて。
今はどこも叱れない風潮だけど…ちゃんと叱ってくれる大人って必要やと思うなぁ、
とかって気を抜いて考えてたら、お叱り喰らいそうだったので努めて「集中、集中!」と唱え続けた2時間。

あと、順突きを、「じゅんすぅきー」とか、
下段払いが、「げだんばれい」とか、
頑張ってるねんけど微妙に違う日本語が飛び交ってて、
その解読で??ってなってるときも、結構集中が乱れてたかも。

でも、身体を動かすのは久々だったので、非常に気持ち良かったし、
精神的にも良い鍛錬になりそうだなと思う。

ただ、頑張って続けてみようかなと思う反面、
やっぱり精神的な疲労(言葉の面でもついて行く為にものすごい集中力を要する)もすごいし、
あと何より、「タタミ」が畳じゃなくって砂利だらけのコンクリやから、足の裏が激痛過ぎて結構悩む。
私の足の裏、そういう用にはできてませんから、って感じで。
でもまさか日本人の自分がタタミの上で靴履くわけにもいかずで、、、
もう一度日曜日の稽古に行ってから考えたいと思う。
d0159222_5451366.jpg
<カラテカ!>
ちなみに道着もアジアからのお下がりみたいだけど(中にはテコンドーのも混じってた)手に入る。
みんなちゃんと白帯からステップアップしてるみたいで、ほんとに本格的な感じ。

師範は5段までの全ての型をマスターしているらしいが、
師範の師匠が2段止まりらしいので、自分は初段でとまっているらしい。
師匠を超えるという礼節をわきまえない行為は、カラテカの大事にするリスペクトの精神に反する、と。
どこまで律儀というか硬派なんだ!

久々にバリバリの日本文化に触れ、感動すると共に、
やばい、日本の厳しさについていけないかも、と帰国後が不安にもなったりするひとときだった。

でも、やっぱり帰国後日本の荒波に耐えるためにも、
へたれ改善するためにも、ちょっと鍛錬すべきかな…?
[PR]
by nao24d | 2012-01-12 21:00 | 任地・生活