「ほっ」と。キャンペーン

C'est la vie!

協力隊員として海外でボランティアする理由

2012.05.14


250日目・協力隊員として海外でボランティアする理由

今日でJICAボランティアの24年度春募集が終わる。
今回は実は私の後任の要請が出ていた。要望調査票はコチラ
要望調査票では新規とされているが、これは職種が変わったことによるもので、
中身は私の要請と同じと言って良い。

どんな人が後任になるのか、非常に興味深い。

さて、その募集なのだが、
去年の春募集に続いて、今回もまた知り合いが応募する。

そこでいろいろ相談を受けたので、
私自身改めて、JOCVとして海外でボランティアをする理由について考えてみた。

よく"協力隊に参加することが憧れです(でした)"という声を耳にするが、
おそらく協力隊員になるためには、
まず、要請をしっかり見て、自分のニーズ・適性と合ってる要請を探す必要があると思う。
協力隊に行きたい、じゃなくって、
したいことがあったから協力隊を選んだ、って言えるものを探す感じだろうか、
3年前、私はそういう思いで協力隊を選んだ。

環境に関しての大学での学びを、社会に還元したかった、
けれど、ずっと環境と関わっていくかには迷いがあった。
そこで、ステップにするにも、他の道選ぶにも、2年っていう時間なら割けるかな?という部分が、
協力隊で環境に関わる一番大きなポイントだった。

海外の実際が見たい、っていう理由も多いが、それなら短期のスタディーツアーなどもある。
それでも敢えてJOCVで行くという隊員の多くは、
やはりその2年って時間がミソだと思っているのではないだろうか。
しかもある程度の権限が与えられてて、
かつ専門家と違って、成果に関してそこまで大きな責任が無いから、
トライ&『エラー』できるというのも大きい。

以前所長が、
"失敗したことのリストを作ったらどう?"と言って下さったことがあった。
失敗する原因を全部網羅したら、もうあとは成功するしかなくなる。
しかしそういう知識のバンクは、あるようで無いから、是非取り組んでみたらどうか?ということだった。

と言うのも、専門家は仕事で来ているから、失敗はできない。
とくに開発コンサルなどの企業から、JICAの委託で来られている人はシビアに仕事をなさっていると聞く。
だから、そういう人たちには成し得ないのが失敗の事例集というわけ。
つまり、さっき言ったトライ&『エラー』できるというのは、
ボランティアは専門家と逆転の発想で、
ボランティアにしか作れない失敗事例集作ろう!くらいの、チャレンジができるということなのである。

ただ、ここで間違ってはいけないのが、失敗が許される、という意味で責任はあまり無いけど、
でもその失敗は必ず任国や日本、世界に還元しなくてはならないということ。
それは失敗が許されてる私たちの責任だと思っている。


ちなみにフランス語圏はJICAの専門家もまだまだ不足しているらしい。
私くらいの年齢で来て、その後、国際協力に携わっていきたいという人材は、
おそらく歓迎もされるし(もちろん力があればだが)、引く手数多なのではないだろうか?
それもJOCVに参加するメリットかもしれない。
もしこれをステップにしたいと考えるなら、
Burkina Fasoなど、フランス語圏、サハラ諸国での経験はかなり強みになるのではないだろうか?と思う。
(私はその道で生きていく考えを今のところ持ってはいないが)

もちろんJOCVの経験に加え、帰国後英国などでマスターを取ったらなお強いと思うが、
そうでなくてもOBとしてJICA関係の制度で経験を積むこともできるし、
留学や、その道に進んで行くためのルートもそこから、いろいろ拓けてくると思う。
また、大使館職員や専門家の方々にお話を伺ったり、
事務所でJICAの職員の方々と話せるチャンスもあり、
日本にいるより、現場の生の声ははるかに近くで聴ける。

さらに健康・安全面や金銭面のサポートを加味して考えたとき、
国際協力の専門家を目指すなら、メリットはかなりあると思う。

もちろん、批判的な意見もあるので、
協力隊に参加する前には、このBlogだけでなく、アンチの意見も参照されると良いかと思うが、
山本敏晴さんのブログも非常に分かり易く協力隊のことが書かれているのでおススメしたいと思う。

ちなみに、ここでは月9万もらえると書かれているけど、
今は仕分けの影響で減額されているとも聞くので応募の際は確認されるのが良いかと思う。


最後に、協力隊に参加して、
まず私の場合全く未知の業界だったから、
国際協力関係の日本では絶対コネクション持ちようがなかったセクターの人と話せたことは刺激的だった。
またその出逢いがもとで、将来のこと考える時間を持てたこと(写真・報道関係に進みたい)も良かった。
そして、日本・日本人って何だろう?
日本はこれからどうして行くべきなんだろう?と考えたり、
愛国心と言うのだろうか?そうした感情もより強くなり、
政治家ではないけど、国のことについて多少なりとも意見持てるようになった。
もちろん以前から全く無かったわけではないが、
経験に基づいてより多くの視点から考えれるようになった気がする。

これが今ざっと思いつく、
この3年間で私が協力隊員として海外でボランティアして得たものかと思う。

自分の後任の方には届かないと思うが、
今後、協力隊を目指す人に向けてと、
自分自身の記録として、このBlogを遺しておくことにする。
d0159222_5165480.jpg
<2012年5月14日のわたし>
[PR]
by nao24d | 2012-05-14 23:00 | 隊員・事務所