C'est la vie!

SIAO 5日目

2012.10.30


418日目・SIAO 5日目(たまにはリアルタイム更新)

~今日の流れ~
連日の疲れか朝は少し寝坊して、
行きたかった歯医者に行けなかった。

気を取り直して10時ごろ会場に着く。
昨日今日の感覚から、平日の朝は客足が少ないと見て良いようだ。

昨晩焼き直したJICAボランティアの活動紹介DVDは、
今日も会場のデッキで観ると字幕が切れてしまう。
PCで観れば問題無いのにどういう理由からなのだろう?
ちょっとこの件は保留。

お昼はラスマネさん(日本食レストラン「東京ですか?」のシェフ)の唐揚げ定食を食べたのだが、
その後はものすごい眠気に見舞われ、
ブースの後方で2時間ほど気を失っていた。

起きてからは飲料水パックを切り開く作業×80袋ほど。
それが終わるとさらに回収する作業。
会場内にポイ捨てされている飲料水を約150袋ほど集めて帰って来た。
そこからはまたそれを切り開き、
途中で期間中2回目のラジオのインタビューを受けたりしながら、
20時頃まで作業してからブースを閉めてパビリオンを出てきた。

ドミに戻ったあと持って帰ったそれらの袋を午前1時過ぎまでかけて手洗いした。

今日の売り上げはトータル2万フランほど。
もう売れるものが無いので結構限界に近い状態。

しかし、袋を集め、それをまた仕立て屋のVincentがトートバッグにしていく作業で、
今日は7つを完成させることができた。
またこの作業は人々の注目をかなり集めるので、
このリサイクルの取り組みを周知させる意味では大きな効果があると感じている。

売ること、販路を増やすこと、これは序盤でかなり達成できたと思うので、
ここから最後の週末までは、時間的な余裕もあるので、
リサイクルであったりポイ捨てに対しての啓発の意味を込めたアピールが出来ればいいと思う。


~気になったこと①~
Benin人のお客さんがSIAOのPagne(布)で作ったトートバッグをおととい発注して下さり、
今日はその受け取りの日になっていた。
15時頃一度ブースを訪れて下さった際まだ完成しておらず、
仕立て屋のVincentは「17時に来て下さい」と言った。
相手は「19時に来るからそれまでに仕上げてくれ」と言ったのだが、
Vincentは「いいえ、17時で構わないです」と言い張った。

結局17時10分にお客さんが来て下さったのだが、
そのときにはまだ完成しておらず、
お客さんはまた明日来る、と言って去って行った。

Burkinaではこういう風にいついつまでに出来る、と言って結局出来ない、
というパターンが仕立て屋でも、家具屋でも、電気会社でも、役所でも非常に多い。
今回の場合、お客さんの方から余裕のある時間を設定してくれたわけで、
なぜそれに従わないのか理解不能だった。

私はVincentに言った。
日本が発展してる、Burkinaは貧しい、とよくBurkinabéは言うけれど、
それはこういうところに起因するのではないのだろうか?と。

日本ではお客さんとの間で、期日を守るというのは、絶対に外せない要素。
だから全力で納期に間に合わせる。
そして、アクシデントも想定して、余裕のある期日を予め設定するし、
出来ないなら出来ないとはっきり言う。

こっちは大口叩くと言うか、アクシデントを想定しないで約束をし、
出来なかったことすらÇa va aller.(なんとかなる)で済ませてしまう。

それではこの先、せっかく獲得した販路をふいにしてしまう。

停電だって多いBurkina。
それに彼は8月上旬にバイクで転んだこともあり、
SIAOに向けても数百個作る予定だったトートバッグが結局50個も作れなかった現実がある。
何でもかんでも安易に請負ってはいけないことを誰よりわかっているべきなのに…

そんなこんなでちょっと言い合いになってしまったけれど、
最終的にはラスマネさんのカツ丼を2人で食べ、
「明日も水パック集めて来るからお仕事頑張ってね」
「明日も縫製頑張るからパック集めよろしくね」
と言い合って今日を終えた。
d0159222_11463341.jpg
<カツ丼を食べるVincent >

ここ(Burkina)で仕事をするだけならば、
私たちの感覚に合わせる必要は無いのかもしれない。
でも、それに合わせる合わせないの前に、そういう信頼関係の築き方があることを知っておくのは、
きっと彼や任地の人々にプラスになると信じている。
その上で最終的にどうするかは彼自身が決めれば良い。

だから、向こうが不機嫌になろうが私は思ったことを言うし、
今までやってきたことを考えれば少し険悪になっても、
それで崩れてしまう関係でもないとも思っている。
それにこうやって、共に歩んでいけるのも、もう残り少ない期間しかない。
この時間を大切に、どんどんぶつかりながら磨き上げたものを日本に届けられれば最高なのだが…


~気になったこと②~
SIAOの会場では毎日
「おい、中国人」
とよく声をかけられる。

今回のSIAOは日本が特別招待国。
直接の投資では無いにしろ、間接的に日本の資金で建てられたパビリオンもあり、
テレビでも連日日本が取り上げられているのにも関わらず、
それでもまだ「中国人」と言われるのは少しがっくりくるところがある。

とくに、ソーラン節の衣装でいるのにそう言われると、
ほとんどイラっとしてしまう。

今日も帰り道、会場から出てタクシーを探している道すがら、
物売りの男たちがいつもと同じように「おい、中国人」声をかけてきた。
私は「私たちは日本人です」と大声で叫びながら道を進んだ。

そうすると1人、わざと何度も「中国人、中国人」と言って、
おもしろがる輩が現れた。
これには正直ムカっときて、名札に書かれたJaponの文字を見せ全力で否定した。

周りのBurkinabéの1人が本当に申し訳なさそうにして、
ふざける男を止めてくれたが、
最大の援助国とも言われる日本をそうやって侮辱するのはどうなんだろう?
という想いがこみ上げ、しばらくおさまらなかった。

でも、あとになって考えてみると、
その援助も彼には直接届いて無いのかもしれないし、
だとしたら、別に日本人に対して感謝の気持ちも無いだろうし、
彼自身が中国に悪い印象を持っていなかったら、私たちが怒る理由もわからないだろう。

私は今の日中関係を見ていて、中国に好意的な印象を抱けないし、
だからあんな風に怒ってしまうのかもしれない。
でも別に直接何かされたわけでもないのに嫌うという行為はおかしいような気もする。
そして国際協力してるぞーって偉そうな面をしながら調子に乗ってる日本人を、
ちょっと冷やかしてやりたかったのかもしれない。

彼は傲慢になりかかった私に、そんなメッセージを発していたのだろうか?

もちろん、そこまで深く考えず、ただおもしろがってただけかもしれないけれど、
なんだか自分が試されているような感じで、とてもモヤモヤした気分になっている。
[PR]
by nao24d | 2012-10-31 12:17