C'est la vie!

ふと思ったこと(あくまでも個人的な意見)。

2012.11.14


433日目・ふと思ったこと(あくまでも個人的な意見)。

来年開催されるTICAD V。
それに向けて日本の学生も様々なアクションを起こしているらしく、
そのひとつにTicadv学生プロジェクトというのがあって、
それに所属する学生さんたちが今Burkinaの首都で事前会合などに参加しているそうだ。
Facebookページはコチラ

その中で最近は毎日Burkinaでの活動の様子がレポートされているのだが、
今日は読んでいて少しスッと入ってこない箇所があったので、
それについて書いてみたいと思う、ただしこれはあくまでも個人的な意見であることをお断りしておく。

以下抜粋

衛生環境に関して言うとまず水は薄茶色です。ここいらで手にはいる一番きれいな水なんだろうけど、ミネラルウォーターを近くのガソリンスタンドで買って凌いでいます。アフリカで安定のファンタ、コーラ、スプライトは手に入ります。食事に関しては新鮮なバナナ、グアバ、トマトなどが手に入り、同じホテルに泊まっているJICA関係者の方に安全な食べ方を教えてもらっておいしいご飯を楽しんでいます。レストランは現地のローカルなアチェケやアリコを筆頭に、アフリカらしくチキンがメインです。キャッサバからできたヤムっていう餅に似た食べ物と、肉のシチューは絶品でした。でも水が飲めなくて日本人メンバー一同苦しいを思いをして、かえってから速攻ミネラルウォーターを飲んだ、みたいなこともありました。

以上

この文章をほとんどBurkina Fasoを知らない人が読めば、
どんな感想を持つのだろうか?

場所によりけりだとは思うけれどこの国の水道水は全く飲めないレベルではないと思う。
実際水の専門家が飲めると言っている地域もある。
水が茶色いのは主に停電後で、しばらく出していればほとんど透明になる気がする。
そしてペットボトルでなくても私がリサイクルに使っている袋水なら割とどこでも買える。
きっとそのレストランにもあったはず。
少なくともお金を持っている私たちにとってBurkinaは水が簡単に手に入らないところではないことは、
私のBlogの読者にはお伝えしておきたい。

もちろん病気にならずにここでのスケジュールをこなして帰るのは素晴らしいことだと思うけれど、
もっといろいろ体験したり、試してみたりしても良いのではないかと感じてしまう。
せっかくアフリカまで来たんだから、会議に参加するだけでなく、
現地の人そのままの食べ方で食べたり飲んだり、それももっと格安のその辺の食堂で。
学生ならきっと体力だってあるんだから。

そうしてみたら、わかることがもっとあると思う。

もちろん、彼らが今回感じた違和感が原体験になり、
その状況を改善するためにこれから活動していかれる可能性もあるわけで、
無理にこっちの生活を体験する必要は無い渡航なのかもしれないけれど…

ほとんどの読者が私を知る人、とくに最近は身近な人ぐらいにしか読まれていないこのBlogと違って、
500人近くの人が「いいね!」を押しそのレポートを読んでいる状況を見ると、
Burkinaの過酷さや貧しさが強調されるようにも取れるその感想に、
なんだかなぁ、というモヤッっとしたものを感じた。

私が見ている、感じているBurkinaとのズレがそうさせるのだろうか?

とにかく、ここにはたくさん住んでる人がいて、
その人たちはその環境の中でもへっちゃらで暮らしてる、

そういうところも見て帰ってもらえたら良いのになぁ、と
同じ学生の一人として思った、最後の新月の夜…
[PR]
by nao24d | 2012-11-16 08:15