「ほっ」と。キャンペーン

C'est la vie!

カテゴリ:国内イベント・観光・旅行( 8 )

Bani

2012.09.17


375日目・Bani

昨日からは北部の街Baniへ。
現在隊員はDori以北の街には行けないため、
行ける範囲では実質一番北の街なのかなぁと思う。

この街はかつてJICAボランティアの雑誌、クロスロードの表紙にもなったところで、
モスクが有名。

宿にはガイドが常駐していて、街のことをいろいろ教えてくれた。


Baniは1831年にある預言者が丘の上に誰かが7つのモスクを建てるだろう、
とお告げを遺したことがもともと伝説になっていた地らしい。

それが誰なのかわからないまま時が流れ、
今90歳か95歳かになる(ガイドが忘れてた)新たな預言者が7歳だったころに、
自分がそのモスクを建てる夢を見たらしく、
1979年に完成したのがこのモスク群。

以降、それまでたった4件の家庭しか存在しなかったこの地に、
今では4000の人口が生活しているそうだ。

ちなみに預言者のおじいさんは、
15歳のころから毎日少し集落を離れた草むらで夕方までお祈りをしているらしく、
未だにそれを続けているらしい。

街を見下ろす丘の上には7つのモスクがあり、
それと丘の下のグランモスクの位置関係が、
グランモスクに向かってお祈りをする人の、頭、両肩、両腕、両足を表している。
また7つのモスクは曜日とも密接なつながりがあるらしい。
d0159222_18112072.jpg
<丘の上のモスク>

グランモスクの壁面には、
お祈りをする人、コーランを書く木簡のようなもの、礼拝の際に使われる数珠のようなものが
モチーフとしてかたちどられていた。
d0159222_18144227.jpg
<グランモスク>


ところで、割と新しい時代のものなのに、かなり崩れているこのモスク群。
2009年にBurkina Fasoを襲った大洪水の影響もあったそうだ。
しかし、それよりもこのモスクの荒廃を進めた要因としてはダムの決壊が挙げられると言う。
2004年にそのダムが決壊するまでは、
どのモスクも3年に1度は綺麗に改修され、
雨季に多少崩れることがあっても、乾季のうちに修繕されてきた。
しかし、最大の水源が無くなった今、
日干しレンガの生産も追いつかず、
また雨季終了後2カ月ほどで無くなってしまうような貯め池しか持たないBaniでは修繕に多くの水を用いるわけにはいかず、
今は年に1つのモスクを修繕するのがやっとだそうだ。

かつてはそのモスクの修繕に、
水源からモスクの立ち並ぶ丘まで人がずら―っと並び、
バケツリレー方式で水やレンガを運搬し作業に当たっていたそう。
人々は職を手にすることができ、Baniには今より活気があったそうだ。


と、まぁ案内された中で聴いたのはこんな内容。
(行かないとイマイチ伝わらないだろうと思うのだが、自分のための記録として)


自分の感想としては、
任地や他の地域では味わえない、丘で感じる風、360°広がる景色に感動し、
のんびりとした北部Burkinaの人々の営みを感じられたことも貴重な体験だったし、
多少崩れてはいるものの、モスクは美しかったし、
その土壁の赤、雨季の緑、空の青の調和は素晴らしいと思った。

おそらく唯一の宿は、物凄く簡素なBurkinaの伝統的な住居の形をしているのだが、
埃っぽくあまり綺麗とは思えなかったけれど、
慣れると全然苦にならないのが不思議だった。

電気も水道も無く、青空トイレ、水浴びするわけだが、
それもある種快感だった。

と、BaniはBurkina北部にもこれだけの観光資源があるのか、と正直驚くほどのポテンシャルを持っていて、
Burkinaを訪れた際は是非旅程に組み込んでもらいたい場所。

このまま廃れていく一方とならなければ良いなぁと切に思う。
d0159222_1818503.jpg
<丘の上から>
[PR]
by nao24d | 2012-09-17 22:00 | 国内イベント・観光・旅行

世界の車窓から

2011.01.03


118日目・世界の車窓から

ブルキナの鉄道を体験しようと、今日はOuagaからKoudougouまで2時間の列車の旅をしてきた。
d0159222_9132769.jpg
<サヘルの風景>
車窓から見るブルキナ。
その赤い大地には、紅葉する木も、雪化粧する木も見当たらないが、
この時期は白いおしろいをしたかのように、サヘルの砂を纏った木々を目にすることが出来る。
少し身を乗り出そうと窓を開けると、たちまち砂が舞い込み、乾季の臭いが車内にたちこめてきた。

d0159222_9144399.jpg
<鉄道車内>
鉄道の車内では席や通路が詰まっていない限り、私たちは自由に動くことができる。
大きな荷物を抱えコートジボワールに出稼ぎに行くブルキナベや、
バカンスでヨーロッパからやってきた旅行者、さまざまな人々の横顔を眺めることができる。

d0159222_918740.jpg
<コートジビール>
1等席と2等席を繋ぐスペースにはBARがあり、
軽く食べたりお茶できるだけでなく、アルコールも揃っており、
ブルキナはもちろん、コートジボワールのビールも飲むことができる。
互いに見ず知らずの旅行者たちも、グラスを持てば国籍も肩書も関係無く、たちまち打ち解けて語らい始める。
d0159222_9161582.jpg
<車内BARのカウンター>
カウンターにはそれを見守る気さくなムシュー。
時折り陽気に客と言葉を交わしながらも、揺れる車内でしっかり料理を仕上げていく。
コートジまで37時間の長丁場、
お客の食欲をどうさばいていくのか、最後まで見守れないのが少し残念だった。


旅と言えば、この間観た映画、「モーターサイクル・ダイアリーズ」が思い浮かぶ。
この映画では、バイクが壊れて移動手段が徒歩になってから、南米を旅する主人公たちの物語が大きく動き出した。
彼らがバイクで移動していたころ「ここから、あそこへ」とすっ飛ばされていた2点が、
歩くことで出逢ったさまざまなエピソードによって、
「あそこから、○○と出逢ったこのルートを経て、ここへ」と繋がっていったように、
旅には出発地と目的地以外のプロセスにも意味があって、そこから得る感動や学びも多い。

そういう意味では、歩きには到底及ばないとしても、
高速バスや特急列車より、幾分この鈍行列車からは、得られる旅の喜びが大きい気がする。
週3便しかなく、速度がバスにも劣るため、利便性が高いとは言い難いけれど、
旅することを目的に旅をするなら、間違いなく感動的な時間を与えてくれる素敵な空間だった。

鉄道好きな旅行者や、旅好きな隊員には是非おススメしたい。
d0159222_9201313.jpg
<先頭車両・Koudougou駅にて>


さてさて、
上京しては来たけれど、なんとなく他力本願だった今年の年末年始休暇。
毎日毎日いろんな人と代わる代わる会っては、楽しませてもらったけれど、
最後にこうして自分の時間を持つことができて、すごく充実した気分になった。
幸先良いスタートを切れたかな、と思う。
[PR]
by nao24d | 2012-01-03 23:00 | 国内イベント・観光・旅行

NAK(Nuits Atyipiques Koudougou)

2011.12.03


87日目・NAK(Nuits Atyipiques Koudougou)

毎年年末のこの時期に開催されるKoudougouの音楽祭・NAK(Nuits Atyipiques Koudougou)。
会場には土産物屋や屋台も出店されており、辺りはお祭りムード一色。

今日はそこで私を含め15名のボランティアと1名の事務所スタッフの方、
そして現地の青少年団体の子どもたちと共にソーラン節を踊ってきた。
<"JOCV Burkina Faso ソーラン節 @ NAK 2011">
Burkina隊員にはこの動画は重いかもしれないが、
とりあえずYouTubeにUPしたのでここにも載せておく(ちなみに私は最前列で白いシャツを着て踊っている)。

現在24名のBurkina隊員のうち、観客としてやってきた2名も含め総勢17名の隊員がKoudougouに集まり、
踊っていた3分間はあっという間だったけれど、久々にJOCVのパワーを感じる1日でもあった。
退避という時期を乗り越えた仲間ということもあり、隊次を超えひとつになれたのではないかと思う。

また、終了後には環境啓発劇が行われ、
残念ながら任期短縮された環境省配属の先輩隊員の意思も受け継がれた。

これだけの人が集まったのは、その先輩隊員をはじめとするKoudougou隊員の人徳によるものだと思う。

宿としてお世話になった隊員のお宅では、
自家製ピザ(おうちに自作の窯がある)などのごちそうを頂き、
非常に楽しい時間を過ごすことが出来た。

共に汗を流したあとの『打ち上げ』というのは、
2年の任期中でもなかなか経験できないことで、
そこに参加することが出来たことを非常に嬉しく思う。

準備に奔走して下さったKoudougouのみなさんに、
また共にソーランを踊った仲間たちに、心から感謝を。
d0159222_742685.jpg
<集合写真>
[PR]
by nao24d | 2011-12-03 23:00 | 国内イベント・観光・旅行

しし座流星群

2011.11.17


71日目・しし座流星群

今晩は、しし座流星群の極大。

23時ごろから空を眺めていたけれど、
しし座が地平線上に現れるタイミングで、
同じ方向に月も出てきてしまうから、
しし座のあたりは最悪のコンディション。

月が出始める前に2つ観るのが精いっぱいだった。

カメラでは冬の大三角に飛び込む流星を狙ったけれど惨敗。

そうやって考えると、今年のりゅう座流星群は、
あんなに月が明るかったのにいくつも観測できて、
さすが当たり年だなぁと思った。

しし座流星群の当たり年はまだ20年くらい先の話だから、
これから数年は、極大の時刻に月が被らない限り、
あんまり期待できなさそうだなぁと思う。

余談だが、
ドラマ"僕とスターの99日"で西嶋秀俊が星が大好きな役をやってて、ちょっとおもしろい。
南極大陸の裏で、視聴率苦戦してるみたいだけど、
あの作品が当たったら、ふたご座流星群とか盛り上がるだろうに…と思う。
d0159222_2202972.jpg
<オリオンと冬の大三角>
ここに流星来たら完璧やったのになぁ…
[PR]
by nao24d | 2011-11-17 23:30 | 国内イベント・観光・旅行

Tour de Faso

2011.10.24


47日目・Tour de Faso(ツール・ド・ファソ)

今日はTour de Fasoという自転車ロードレースの5日目、
任地Koupélaを通過するコースで競技が行われた。

Burkinabéだけでなく、国外の選手も多数参加する、
国際的なスポーツイベント。
d0159222_22371023.jpg
<白人選手の激走>
今年のポスターは協力隊員がデザインしている。

去年はあいにく、よくわからないうちに終わってしまったのだが、
今年はその通過する瞬間に立ち会うことができた。
d0159222_211707.jpg
<通過する選手たち>

Burkina Fasoで舗装された道路というのは、
首都・州都クラスの街以外では、都市間を繋ぐ国道くらいしかない。
そうした国道というのは大型トラックも高速バスも通るだけあって幅も広く、
また交差点や信号などがほとんどないので、
ただずーっと伸びている、そんなレースには最適な道である。

私は自転車に乗ってのんびり写真を撮りに行く、
なんていう休日が理想だなと日本では良く思うのだが、
Burkinaでは、そういう競技用の自転車に乗って、
脚がちぎれるかもってくらい限界までぶっ飛ばしてみたいなぁと思う。
とは言ってもそんな自転車持ってないから無理だけど…
でも日本の道じゃ絶対できない芸当だもんなぁ。

と、自転車愛好家にはお勧めのイベント。

ただし参加は勧めても、わざわざ観に来る必要は無いであろうと忠告しておこう。
一瞬で走り去って、ハッキリ言って何の余韻も無い。
とくにKoupélaは通過点で、
その日のスタートやゴールのように盛り上がりようが無かったのである。

とは言え貴重な全国規模のイベント。
Burkina在住の方は沿道に出て、その一瞬を感じてみてはいかがだろうか?

選手のみなさんが残りの日程も無事に完走、健闘されることを祈る。
d0159222_21312952.jpg
<一進一退>
[PR]
by nao24d | 2011-10-24 21:00 | 国内イベント・観光・旅行

La vie du Burkina. Jour:258

2011.03.06


La vie du Burkina. Jour:258・FESPACO

d0159222_3451969.jpg
<映写機>
Burkinaで2年に1度行われる映画祭"FESPACO"
(le Festival Panafricain du Cinéma et de la télévision de Ouagadougou)

最終日3月5日、
閉会式に続いて、
各賞受賞作品が再上映されていたので、
深夜の映画館に足を運んでみた。

1作目は途中入場だったので詳しくはわからなかったけど、
おそらく、母と別れフランスで育ったBurkina生まれの主人公(Burkinabé)が、
その母を探しにBurkinaにやってくるというような物語だったようだ。
Burkinabéでありながらローカル言語がわからず、
虫がいたり、交通ルールがむちゃくちゃだったりする祖国に戸惑う主人公の姿はなかなか印象的だった。
映画らしい映画、というかAfrica映画もすごいなぁと感心できる落ち着いたテイストの作品だった。

2作目はLe mec idéalというCôte d'Ivoireの作品(2010年)。
d0159222_3441870.jpg
<上映開始>
ジャンルはラブコメ。
結婚相手を探しに金持ちの男性とデートを繰り返していたええとこのお嬢さんが、
強盗から助けてくれた貧乏なクリーニング屋の青年と結ばれる話。
フランス語が全然聞き取れなくて詳細にはわからなかったけど、
おそらく、クリーニング屋の青年が強盗から助けたところは実は自作自演だったようで、
それがあとでバレて1回破局するけど、
結婚式当日に教会にちょっと待ったー!っと割り込みハッピーエンド、というベタすぎる展開。
3位に当たる賞を獲ったということで期待していたが、
さっきの感心を返せ!というぐらいお気楽な、ある意味でとてもAfricaらしい映画だった。
くだらなさすぎて、逆におもしろかったけれど、
これが3位だったということは、
やっぱりBurkinaでは基本的に大衆的な感じの娯楽映画が好まれるんだろうな思った。

そういえば、ジャッキー・チェンとジェット・リー大好きだし、ほぼ軽い作品しか観ないんだろうな。

と、そんな感じで最終日から日をまたいで翌日まで映画を観てきたが、
結局のところ、
映画よりも収穫だったのはすごくレトロな感じの映写機を間近で見れたことかもしれない。
d0159222_3454951.jpg
<各20分×6本のfilmを繋いで、まき直ししてるところ>

そして半分屋外の映画館という不思議な空間での上映で、
Africaの映画祭だなぁ、という気分にも十分浸れたのも良かったかなぁ、なんて。
d0159222_3385025.jpg
<客席前方は屋根なし>

釜山国際映画祭のときも思ったけど、映画祭を楽しむのは結構難しいものだ。

おそらくリベンジする機会は無さそうだけど、
もし、もう一度FESPACOに来れる機会があるなら、
今度は少しAfricaの俳優のことや、監督のことを知ってから、
映画自体を楽しんでみたいと思った。
[PR]
by nao24d | 2011-03-06 03:00 | 国内イベント・観光・旅行

La vie du Burkina. Jour:255

2011.03.03


La vie du Burkina. Jour:255・首都Ouagadougou

協力隊員にはいろんな職種があって、
その職種によってはいろんな研修が受けられたりする。
あとバイク貸与の隊員にはバイク講習がある。
さらには部会活動(先日のゴミ処理場見学のような)なんてのもある。

そういった関係で首都や他の都市、はたまた他の国などで業務のスキルアップを図る機会が
各任期中にあったりなかったりするのである。
私に関して言うと、
これまで他の隊員の活動見学に行くことはしばしばあったが、
そういった研修の話はあまり縁の無いものだった。

しかし、今週は配属後半年にして初めて、
首都Ouagadougouに長期滞在して研修を受けている。

その内容に関しては後日触れるとして、
私が今日言いたいのは、憧れだった業務に伴う首都長期滞在を経験しているということ。

何がどう憧れなのかはっきり説明しづらいが、
なんとなく私は"研修受けに来てます!"って響きに酔っているような気がする。

だからか何だからか、
今回は最初から何としても充実首都ライフを!ということで色々意気込んでいた。

で、ちょっと地理感がついた今の長期滞在で何が出来るのか考えてみた結果、
首都のいろんなスポットの位置関係などがざっと把握できてきたので、
研修の行き帰り、その道すがら少し写真を撮ってみようという結論に至った。
(研修とは関係ないが、研修は研修でもちろんしっかり受けているのでご心配なく)

ということで、今日はそれを紹介しようと思う(一部以前撮ったものを含む)。

①2.Octobre(10月2日:Burkinaでは記念日がそのままオブジェになったり、建物の名称になったりする)
d0159222_8391569.jpg

②Stade 4.Août(これも8月4日と言う名のスタジアム)
d0159222_835882.jpg

③Grand Lion(大きなライオン、そんなに大きくない)
d0159222_8411838.jpg

④Marina Market(Burkina No.1のスーパー)
d0159222_8365477.jpg

⑤Place des Cinéastes(映画人の場所)
d0159222_8401818.jpg

⑥革命広場(FESPACO期間だけ近づけた)
d0159222_8523140.jpg

⑦国連広場(待ち合わせの定番?)
d0159222_8484395.jpg

⑧Maison du Peuple(国民の家、ハウルの動く城が思い浮かぶ造形)
d0159222_8452958.jpg

⑨Maison du Peupleの中(格闘技やコンサートの会場で元気玉する人)
d0159222_859325.jpg

こうして並べてみると、
観光でめちゃくちゃ調べてBurkinaに来た人にも負けない!
とはまだまだ言えないけれど、
それでも結構いろいろ見てきたんだなぁと思う。

Burkina隊員ならきっとわかるBurkinaの画。

ただ、ふと気付くのは、全部これ、独立以降に造られたものばかり。
Burkinaなんだけど、Burkinaらしくは無いような。

そういう意味で、歴史がある京都ってすごいなぁと思う。
日本らしさ、京都らしさ、歴史、新しいもの、みんなが上手く共存していて、
自分がそこで育ったということがなんだか誇らしい!

まぁでも、これが現実のBurkinaの首都のランドマークであったり、
シンボルであったり、今の姿なわけで。

これもまたいつかは歴史になるのかなぁ、なんて…
[PR]
by nao24d | 2011-03-03 23:00 | 国内イベント・観光・旅行

La vie du Burkina. Jour:253

2011.03.01


La vie du Burkina. Jour:253・FESPACO Marché

2月26日から始まったFESPACO
(le Festival Panafricain du Cinéma et de la télévision de Ouagadougou)

たまたま26日から衛生啓発のツールに関する講習会で上京しているが、
今日は初めてこのFESPACOに関連するエリアに行ってきた。

まずはCiné Burkina、
この期間だけ特別に開場される映画館も多い中、
ここは年中営業している、おそらく全国一の映画館。

その前はレッドカーペットが敷かれていた。
d0159222_7313572.jpg
<レッドカーペット>

カーペットの先はフォトスペース。
釜山国際映画祭を思い出す。
けど、この日ここを通ったのは一般市民と観光客。
d0159222_732428.jpg
<海外ゲストのフリ>

ポスターには
Cinéma africain et Marchés(アフリカの映画と市場)
と書かれているように、
その見どころは映画だけでなく、マルシェにもある。

ということで映画を観ずにマルシェへ。
夜でもすごい活気、熱気だった。
d0159222_7303537.jpg
<アフリカ各国の雑貨が集まるマルシェ>

私もなぜか日本語の上手いNiger人のお店で、
きりんの形をした栓抜きetcを購入。
d0159222_7333540.jpg
<なぜか日本語の上手いNiger人のお店で>

↓以下、彼(写真向かって左側)の知っていた日本語↓

こんにちは。
どうぞー。
名前は?
ありがとう。
どういたしまして。
Nigerとても良い!
なおやチャラい!りえチャラくない、Adamou(アダムー:彼の名前)チャラくない!

以上

動画もアリ。嘘だと思う方は帰国後是非。

個人的にはAdamouの方が絶対チャラいだろ、と思ったけれど、
おもしろかったから良しとしよう。

ただ念の為言うと、そんなにチャラくないと思います、私。
[PR]
by nao24d | 2011-03-01 23:00 | 国内イベント・観光・旅行