C'est la vie!

<   2010年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

派遣前訓練 Day 54

2010.05.30


訓練54日目・誕生日

今日は24回目の誕生日。
干支もふたまわり。

朝から温泉に行ってさっぱりしてきて、

帰ってきたら…

d0159222_15221130.jpg
部屋のトビラにメッセージがびっしり!

訓練中に誕生日が来るのはほんと贅沢だ!

こんなん思いついて、実行できちゃうなんて素敵すぎるやろ…感動

みなさんに感謝感謝の1日。


人が多いとこんなに幸せって膨らむものなのかぁ。

どうやらとんでもない幸せ者みたいだ、自分。

人が多いから辛かった集団生活なのに、
人が多いから喜びが大きいし、
幸せも増幅されてる。

些細なことが、すっごく大きくなっていく。


支え合うから「人」

人の中で生きてる。


生きてることに心から感謝。
みんなと時間を共有できることを心から感謝。


24歳、生きろ!


追記:夜になったらまた増えてた!
d0159222_23251247.jpg

[PR]
by nao24d | 2010-05-30 15:16 | 派遣前訓練@駒ヶ根

派遣前訓練 Day 53

2010.05.29


訓練53日目・語学交流会

d0159222_1515361.jpg

誕生日前日ということで、みんな揃わない日曜ではなく、
今日いろんな人から祝っていただいた。

d0159222_1439064.jpg

午後は語学交流会があった。
うちのクラスにはブルキナファソの男性とマダガスカルの女性が来てくださって、
フランス語を使ってアフリカの文化について質問したり、
任国での自分たちの活動紹介も兼ねたプレゼンをしたりして、語学の成果を確認した。

正直、まだ自発的に言葉は出ないけど、
聞いてて内容が少しはわかるようになっていると実感できた。

韓国に留学した初めの頃のように、
わからない部分を他の単語で説明してもらいながら話すのは、
すっごく勉強になる。

またブルキナに行くのが楽しみになった。
d0159222_1440989.jpg
初のブルキナ隊全員集合(クリックで大きく!)

d0159222_14395118.jpg
彼は12月に帰国!
任国でも会えれば良いなぁ♪

d0159222_14421284.jpg
バングラ派遣予定の隊員と
民族衣装着てると印象変わるね!



夜は飲み会に参加し、

帰寮後も新卒で集まって談笑。

写真の話とか、
この2カ月の葛藤やら成長とか、
なかなか濃い時間だった。

これからもずっと繋がっていれたら良いな、と本当に思う。
[PR]
by nao24d | 2010-05-29 23:00 | 派遣前訓練@駒ヶ根

派遣前訓練 Day 50

2010.05.26


訓練50日目・ブルキナの日


朝の集いでの国旗掲揚。
今日の国旗はブルキナファソだった。

さすがに27人いると全員は揃わない。

d0159222_2343762.jpg
クリックで大きくなります!

そんな27人だけど、
そのゆるーい感じが、
ある意味居心地良いのかもしれない。


雨が続くからなのかもしれないが、最近やたら脚が痛む。
左膝がかなり痛んで、自転車漕ぐのも結構しんどい。

さすがに4日雨が続くと気持ちも沈むし、
なんだか冴えない。

そうやってあまり良いイメージを持てずに暮らしていると、
そこにどんぴしゃのタイミングで襲いかかる不運。

朝から帰寮確認の札を裏返し忘れ呼び出され、
夕方まで晴れてたのに雨に降られて、
でもこれでもかってところで、もうひと山あって、
さすがに気持ちコテンパン。


でもなぁ、これ全部自分で捲いた種なんだ。
それがわかるから余計恨めしい。



ただ何もしなければ、これ以上に下ることが無いだろう。
それで良いのかわからないから悩むのだけど…



泣いても笑ってもあと15日、

でもできることなら、笑って過ごしたい。


明日は晴れると良いな。
[PR]
by nao24d | 2010-05-26 22:57 | 派遣前訓練@駒ヶ根

派遣前訓練 Day 47

2010.05.23


訓練47日目・雨の日曜

訓練はいよいよ終盤。
もう最終試験まで2週間を切ってる。

今日は千畳敷というところに行こうと思っていたのだが、
あいにくの雨模様。
訓練始まってから日中に雨が降った日曜は初めてで、若干気持ちがのってこない。

今日の課題はJoにWord文書で作文してメールすること。
それと火曜のアトリエクラスの準備。
そろそろ訓練のレポートにもかからないといけない。

雨降って結果的には良かったのかも。


そして今日よりこのBlogのタイトルをDay by dayから

「C'est la vie!」
(セ ラ ヴィ)

に変更。

直訳すると「それが人生!」になるけれど、
人生良いことばかり続くわけでなく、
何か思い通りにいかなかったり、
がっかりすることがあったりしたとき、
「人生ってそんなもんだ」と、
前向きにしてくれる素敵な魔法のひとこと。

でも、その魔法を言い訳に使ってはいけない。
語学は思い通りに行かないというより、自分の努力が足りないからできないのだと思う。
だからなんでもかんでも"C'est la vie"を使っていいわけじゃない。
それは居直っているだけ。

関西人が良く使う「しゃーないな」に少し似てる。

でも人の気持ちや、今日の天気、そういう自分の力だけではどうすることもできないことって結構たくさんある。

でも自然の脅威を感じながらこの地球で暮らしていくのが自分の人生。
ぶつかったりしながらも、人と関わっていくのが自分の人生。

つらいことがあっても「それが人生だ!」

と、自分の人生を否定することなく前向きに生きていきたい。

そんな決意をこめて…
[PR]
by nao24d | 2010-05-23 13:15 | 派遣前訓練@駒ヶ根

派遣前訓練 Day 45

2010.05.21


訓練45日目・生活技法講座


今日は今までフランス語学習者がお世話になったMonsieur Suginoの働き納め。
彼は訓練所のスタッフから、アフリカ・セネガルでのボランティア調整員に異動となった。

昼前フランス語学習者でMonsieurにメッセージカードをプレゼント。

d0159222_14443512.jpg
フランス語全13クラスの訓練生と講師が集結!

d0159222_14434452.jpg
階段までびっしり

d0159222_14474076.jpg
アフリカ・セネガルで会いましょう!(クリックすると大きくなります!)


午後からは生活技法講座。
講座委員と訓練生からなる各講師が準備した訓練生で創る講座。
自分は“パンク修理”と“少ない水で身体を綺麗に保つ方法”の講座を受講。

パンク修理は既にできたので自分も少し教える側になることができて、
少しだけ国際協力気分だった。

酢シャンプーと緑茶での足湯はすごく気持ち良くて、
向こうで断水したときは是非やってみようと思った。

d0159222_1455928.jpg
酢シャンプー

たった500mlの水とお酢だけで髪の毛すっきりするし、
臭いも気にならないし、
別に毛もガシガシになったりもしなかったのが驚きだった。

そしてお互いにシャンプーし合うのがすごく楽しかった。

d0159222_14561054.jpg
極楽♪


緑茶は殺菌効果もあるし、
水虫や足の臭いにも効果があるそうで、
病院で患者さんの身体拭きをするときにも用いられる方法らしい!
d0159222_1503683.jpg
足湯


他の講座も楽しかったみたいなので、
またお互いに情報共有せねば!


講座委員、各講師の皆さま、そして受講生のみなさん
おつかれさまでした!

d0159222_14585640.jpg

[PR]
by nao24d | 2010-05-21 23:00 | 派遣前訓練@駒ヶ根

派遣前訓練 Day 43

2010.05.19


訓練43日目・おかえりSuper Papa

2010年5月16日、我らが23クラスのスーパーパパ大輔さんに、
待望の第1子が誕生。

土曜から佐賀に帰って出産に立ち会った大輔さんは、
昨晩無事に訓練所に帰還。

そして今日、息子海翔(かいと)くんの誕生記念サプライズを敢行!
(悦子さんありがとうございます!)

d0159222_16402465.jpg
我らがMonsieur Motomura

d0159222_16415964.jpg
海翔くんおめでとう!

d0159222_16422140.jpg
Nous sommes Classe 23

訓練所で1番Happyな出来事の1番近くにいることができて幸せだ♪

班対抗のバレーボールは、
文化祭企画の準備で遅れて行ったら負けてたけど、
まぁそれはそれで良しとするか!

班のみなさんごめんなさい!
そのぶんまで、文化祭に乞うご期待!

d0159222_16493667.jpg
このあと、この6班さんは、主力が1試合終わって帰ったせいで、結構あっさり大輔さん率いる5班に負けてしまう。
組み合わせが悪かった!!!
[PR]
by nao24d | 2010-05-20 16:51 | 派遣前訓練@駒ヶ根

派遣前訓練 Day 38

2010.05.14


訓練38日目・アトリエクラス開始 新月の夜


今日はフランス語のアトリエクラスの初日だった。

環境教育の隊員と植林隊員が集められ、
専門用語を駆使しながら授業を進めていくというもの。

自分は普段の語学レベルが13クラス中10位のクラスにいるのだが、
このクラスには2位から2人、4位1人、5か6位のクラスからもう1人と、
そして11位から1人が集まっている。

当然自分と11位のクラスの人はおいてけぼり…

でもなんとか必死で食らいつけば、
一気にレベルアップできると信じてやるしかない!

とは言ったもののハードルたけぇ~

週末は写真撮りに行くつもりやったけど、
宿題が多くなりそうで自粛かも…



そのかわりと言ってはなんだが、

今日は新月、星の多い夜、

ということで星を撮りに出かけた。
でも雲が多く、星を撮るにはあいにくの天気やったけど、、、

d0159222_022786.jpg
(1枚の撮影時間は、30秒間)

ここにいる皆が向かうその国ではどんな星が見えるのか?

南十字星が見たい、見えるかな?

d0159222_0221736.jpg
(日周運動しているのがわかるように、たくさんの写真を重ねたものがこちら!6分間で星はこんなに動いてる)

この星座はさそり座で、

赤いのがアンタレス

南の空、9時40分ごろ…
[PR]
by nao24d | 2010-05-14 23:00 | 派遣前訓練@駒ヶ根

派遣前訓練 Day 35

2010.05.11


訓練35日目・地球のステージ

今日は語学の授業、予防接種のあと夕食後に“地球のステージ”という講座があった。

d0159222_224946100.jpg


地球のステージとは、
1996年1月15日よりはじまった、
ライヴ音楽と大画面の映像、スライドによる語りを組み合わせた、
まったく新しいタイプの“非営利”「コンサート・ステージ」。
世界で起きている様々な出来事を、講演形式ではなく、
音楽と大画面のビデオ、スライドに写しだし、
語りと曲で構成していく「映像と音楽のシンクロ」ステージである。

精神科医の桑山紀彦氏がその案内役 兼 歌い手。
彼はこれまで57カ国を歩き、国際医療救援活動を展開してきた。

そして現在はNPO法人「地球のステージ」の代表理事として、
災害時の緊急医療支援や、
紛争地や被災地で心に傷を負った人への心理社会的ケア(心のケア)を中心として海外支援活動を続けている。

つまりNGO活動をしてきた桑山氏の集大成が、この「地球のステージ」なのである。

(http://www.e-stageone.org/index.html より)


フィリピン・ソマリア・ジブチ・イラン・東ティモール・パレスチナなど

いろんな国・地域での桑山氏の出会いを2時間で疑似体験した。


世界には、
戦争をして、壊すことを続ける大人と、
瓦礫の山から宝物を探し、何かを創れる子どもがいる。

戦争の為、祖国から逃れ難民となった人々は困難な暮らしの中にあるが、
そこに暮らす子どもたちの笑顔は輝いている。
それは、争うことを辞め、銃を捨てた大人に囲まれているから。

ゴミの山に暮らす子どもたちの中にも、希望が見出せる。
水運びして稼いだお金で家族のために使う彼ら。
「いつもより少し多くコロッケを買えるじゃないか」と、お父さんに褒められたときの
その笑顔は本当にキラキラしているという。
なんでも買い与えられている日本の子どもとどっちが幸せなのかわからない。

祖国を離れて、紛争からの復興を目指す国で医療に携わるアメリカ人医師。
人間には自分の力でどうすることもできないことが3つあるという。
産まれてきてしまうこと、老いてしまうこと、人を好きになってしまうこと。

どうしようもなく人を好きになってしまうから、

それが彼が医療に携わる理由。


ボランティアって何なのか、
国際協力って何なのか、

自分はほとんど考えたことすらなかったのに、
今までこの場にいた。


日本や韓国とは違う、世界の現実。

自分は何も知らなかった。



そして、どんどん失いつつあった大事なものを思い出せた気もする。
我慢から生まれるおもいやりとか、やさしさとか、温かさとか、愛とか、感謝とか…
(はじめから持ってなかったかもしれないけど、だとしたら出会えて良かった。)



ボランティアって何なのか、
国際協力って何なのか、

考えてみたいと心から思えた。



“地球”に出会ってしまった。

今日出会えて良かった。
[PR]
by nao24d | 2010-05-11 22:52 | 派遣前訓練@駒ヶ根

派遣前訓練 Day 34

2010.05.10


訓練34日目・Target Language Day & 食事当番

今日はTarget Language Dayということで1日学習言語で話さなければならなかった。
と言ってもまだまだフランス語では語彙不足で日本語のお世話になったけど…

それにしても、自分はどうもこの訓練生同士の学習言語での会話になじまない。
むしろ苦痛と言ってもいいくらいだ。

発音も文法もあってるか正しく指摘できないもの同士で会話するなんて危険じゃなかろうか?
と思うのである。

韓国に交換留学していたとき、
周りに日本人のいない環境だった自分の韓国語は、
ソウルに留学していた日本人の発音よりかなりキレイだと言われたことがある。
文法だって語学学校に通わなかったにも関わらず、
ネイティブに毎日指摘されたおかげで9か月でかなりハイレベルなところまで上げることができた。
そういう意味であの環境が本当に恵まれていたことがわかる。

文法・発音の間違いはすぐに矯正した方が良い。
正しい言語をたくさん聞く方が良い。

そうした言語学習の持論があるせいで、
なんとなくTarget Language Dayに馴染めない。

でも言ってても仕方ない。
ここではJICAのやり方に乗っかるしかないし、
自分がもっとフランス語をしっかりわかってたら、
そもそも誰の前であろうが正しく話せるのだから。

ということで来週はもう少し積極的にやろうと反省…


ところで今日は食事当番(主に皿洗い)でもあった。

“月曜の食事当番はすべからず!”
これが今日1日やった感想である。

というのも土日に飲み会があったせいで宿題が終わっていなかったにも関わらず、
貴重な朝に時間が皆無だったからである。

こうなったのはほとんど自業自得ではあるけれども、
そういうこと(宿題が終わってないこと)もあり得るので、
飲んだ次の日に食事当番ってのは自殺行為だと認識(もう義務で当番するのは最後だったし今更やけど…)。

加えてTarget Language Dayのせいでみんなの食事スピードが遅くて、
片づけに相当手間取ったのが余計にキツかった。

しかし一方で、食事当番の仕事自体は楽しい。
身体より頭の疲れる訓練生活において、
ただただ何も考えずに単純作業をこなすのは新鮮で爽快である。

ここでは、
語学・講座・集団生活のそれぞれの場面で常に何かを考えているが、
なかなか成果が見えなくて、しばしば息が詰まる。

その点、何も考えなくても黙々とやれば食器はいつか片付くし、
飲食のバイトを思い出してなんだか懐かしい気もする。

割烹着もやたら似合うと言われるし、
もしかしたらそういう作業に向いているかもしれないと思ったりもする


頭が疲れたら週末また食事当番やってみよう!


新しい一週間が始まった。
訓練もいよいよ後半戦。
明日からも有意義に過ごそう!
[PR]
by nao24d | 2010-05-10 23:24 | 派遣前訓練@駒ヶ根

派遣前訓練 Day 33

2010.05.09


訓練33日目・訓練のちょうど真ん中 体育祭

訓練も、はや33日目。65日間のちょうど半分を迎えた。
今日は体育系の職種の隊員の方が中心となって、体育祭が開催された。
d0159222_11463673.jpg
選手宣誓

d0159222_11351592.jpg
晴れて良かった♪

d0159222_1149976.jpg
スタートの合図

d0159222_11354068.jpg
綱引き

d0159222_11474591.jpg
カメラ日和♪

200m×10リレー


フォークダンス


など、いろんな種目で盛り上がった。
d0159222_11502596.jpg
(参考までにプログラム)


競技後にはLiveも

最後に記念撮影も!

自分は撮る側にいたから写れなかったけど、
みんなの良い笑顔が撮れることがむしろ幸せだったし、
たくさんのありがとうが、嬉しかった。

このままの保存形式では普通には見られないので、
早く現像してみんなに回さなければ!!

体育祭の途中、
ケガ人が出て、終わってからも数人が肉離れだと話しているのを聞いた。
体調不良で救急車まで…

そういうとき、
自分は特に何もできずに見守ることしかできなかったが、
看護師や理学療法士の隊員の方々が、
ここぞとばかりに活躍しておられるのを見て、
国際協力を垣間見た気がした。

でも反面、自分自身はなんて無力なんだ、と感じた。

今思えば、
小学校の頃は、
“自分にできないことはない!”
って信じてた気がする。

中学に入って野球を選んでから、
やっぱりサッカーするときはサッカー部に及ばなくなって、
自分が万能でないことを知った。

高校で数学についていけなくなり、英語も挫折し、
勉強にも限界があるような気がし始めた。

なんとか国立大に入ったものの、
自分のできないことは増える一方で怖くなったりもした。

社会人になる年を迎え、
同じ年の仲間はそれぞれの職場で、
さらに資格を取ったりしながらその道を究めようとしている。

自分は結局何ができて、どう生きるべきなのか、
できないことばかりが目について、ときどき嫌になる。
人は生きていく中でどんどん可能性を捨てていくのだ、と思ったりもする。

教壇には立てる、でも高校でだけ。
看護はできないし、もちろん医療行為なんてもってのほか。
法を司って弱者を救うこともできなければ、スポーツで夢を与えることもできない。

ってそんな風に。。。

写真やPCに多少強かったとしても、
それは何かで調べれば、結局誰にでもできるし、
もっと専門的なことは自分にもわからない。

ほとんど知ったかぶりな状態。

なんのスキルもないのにここにいる。


でも、ひとつ救われたのは、
‘見守ることだけでも十分だ’という、ある看護師さんからのお言葉。

‘医師や看護師さんは命を救う現場の最前線にいて、
 誰かを救うというイメージに結びつきやすいだけで、
 たとえ、そばで手を握っているだけでも、
 それは十分患者さんの助けになっているんだよ’

とおっしゃるのである。


開き直るのが良いのかわからないが、
あのとき、自分にできるのは見守ることだけだった。

それで十分だと言えるかは人によっておそらく違う。
でも、その瞬間自分にできることをやる。
無力でも、きっと何かできる。

その気持ちは忘れてはいけないと思った。

自分は何もできないと自分を卑下するんじゃなくて、
できることを探して生きていく方が前向きだ!


そんなことを思いながら体育祭は終わり、

夜はスリランカ料理を生活班のみんなで楽しんだ。


誰かが周りにいてくれるって、
確かに心強いことだ。
[PR]
by nao24d | 2010-05-09 23:00 | 派遣前訓練@駒ヶ根