C'est la vie!

<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

肉の街Koupéla

2010.10.23


La vie du Burkina. Jour:124・肉の街Koupéla


Koupélaは肉の街、肉が美味しい街だと最近実感している。
d0159222_612379.jpg
<焼き羊屋>
d0159222_6144912.jpg
<羊を焼く気さくな大将>
d0159222_618592.jpg
<焼き鳥ならぬ焼き羊、ネギまならぬタマネギま>

今日は同期のS氏と羊の串が美味い店を訪れたのだが、
これ以外にもニワトリ、ペンタック、牛、豚、いろんな肉が買えるし、
いたるところでそれらが料理されている。
かと言って肉のせいで街が生臭いというようなことはなく、
むしろ常に食欲をそそる良い匂いが漂っている、そんな印象である。

高速バスの停留所で売られる羊の干し肉(キリシ)は街の名物になっている。

ただそれが名物と言われるのは、それ以外に何も無いからで、
2か月住んでの感想として、確かにKoupélaに特に観光するようなところはない気がする。
自転車30分漕げばいろいろあるけど、
地方から来てもらう隊員にわざわざ自転車持って来いとは言いづらい…

主要都市や外国からのバスが、首都に向かう際に通る道沿いの街なので、
みんな一度は訪れる街ではあるが、
キリシを買ってただ通り過ぎるだけというのがJOCVの共通認識になりつつある。

と、普段は肉をつまんで通り過ぎられるだけの街なのだが、
そんなKoupélaに今日は自分が配属後、初めての来訪者(宿泊兼ねての)がやって来た。

S氏に犬を届けにやって来たM氏である。
d0159222_6194195.jpg
<ようこそM氏!と言いつつ注がせている図…>
ということで今日は昼に続いて夜も鶏と羊を堪能。

Koupélaには何も無いとは言わせまい!と
必死の肉攻勢で迎えたわけである。

今後このKoupélaをBurkina東部隊員の拠点化しようと考えている自分にとって、
彼から他の隊員への口コミへの期待は大。
この肉攻勢はとりあえず成功したと思っているのだが、
あとは彼が任地に帰ってお腹を壊したりしないかだけが心配の種である…

寂しい一人の週末にならないよう、
自分が出かける時以外は
いつも人が来てくれるようなそんな家にしたい。
(反対にこっちが他の地方に行くときは泊めていただきたい!下心?)

今後も少しずつ家具を揃えて、
掃除も定期的にやって行こうと思う!

せっかくきれいになったし、
近いうち、家の中も紹介しようと思う。
乞うご期待!
[PR]
by nao24d | 2010-10-23 23:00 | 任地・生活

polio

2010.10.16


La vie du Burkina. Jour:117・polio

今週末は木曜に続いてTenkodogo(テンコドゴ)という街に来ている。
Koupélaを離れて、あまり顔の割れていないこの街で、
今日は旅行者を装い写真を撮りまくった。

そんな中撮った1枚。
d0159222_3104382.jpg
<手漕ぎ自転車>

Burkinaでは車いすはまだ病院でしか見たことが無く、
脚に障害のある人が乗るのは車いすではなく圧倒的にこの手漕ぎ自転車が多い。
しかも首都でも任地でも、このTenkodogoでも、少なくとも毎日1人は目にする気がする。

脚が不自由な方が車いすではなくこれに乗っている理由は、
道が舗装されていないから車いすでは不便だったり、
車いすではものを運んだりできないからだと思う。

この国ではまだ障害のある人に保障があるようには思えないから、
障害があってもみんな働いているのだろうと思う。
そして働きやすい形を考えたら車いすではなくこうなったのだろう。

ただ気になるのは、
この手漕ぎ自転車に乗っている人を見かける頻度が尋常ではないことである。
日本でも車いすの人はかなりいるのだろうけど、こんなに街で見かけることはない。
車いすであまり移動しなくても済むように交通などが整備されていることも関係しているだろうが、
人口9分の1程度のBurkinaでこの頻度は何か問題があるはずで、
考えてみればその利用者が高齢者ばかりではないことにも気付く。

いや、ほとんどが30代までの人だといっても良いくらいだ。

戦争や内紛があるわけでもなく地雷を踏んだわけではなさそうで、
この脚の不自由な人が多い理由がなかなかわからなかったが、

この謎の正体はPolio・ポリオだった。

日本では予防接種の普及以降、患者が激減していて1981年以降感染者は報告されていないらしい。
つまり86年生まれの自分はポリオに罹った人を当然見たことが無く、
どうりで知識が無いから、なかなかその答えに行きつかなかったわけだ。

ポリオは小児麻痺、または急性灰白髄炎ともいうらしい。
発熱に続いて四肢の麻痺をきたす伝染病だそうだ。

それで下半身が麻痺した人たちがこの手漕ぎ自転車に乗っているわけである。
そしてこういった人たちが大勢いるということは、
この国でポリオのワクチンがまだまだ行き届いていないことを意味している。

BurkinaのPolioワクチンの接種時期を調べてみると、
産まれてすぐ、
6週目、
10週目、
14週目、
18か月目、
4~5歳でポリオのワクチンが接種されることになっている。

日本では生後3カ月から90カ月の間に6週以上空けて2回生ワクチンを飲むことが推奨されているが、
Burkinaでは5回。

伝染力が強く、家族が感染すると15歳以下の小児は100%感染するということからか、
まだ感染者の無くならないBurkinaでは5回接種するのだろうか?
それとも単にワクチンの効果が日本のものと違うのだろうか?

その理由はまだわからないけど、
きっと日本人にとってはものすごく些細な金額のワクチンでも、
5回にもなると接種できずにいる人が多いのかもしれない。
1世帯当たりの子どもの数も多いから、全員に接種するとなると確かに結構な負担だろう。

それ以前に1回すら接種できてない子も大勢いそうな気がする。

自分たち協力隊員はお国の税金で、
いろいろなワクチンを接種してからやってきたけど、
それって今更ものすごく恵まれたことなんだと思う。

そういえば訓練所の最後のワクチンはポリオだった。
経口ワクチンで「あーっん」と呑気に飲んだあのワクチンが、
世界では切実に必要とされてたわけか…

http://www.jcv-jp.org/
ペットボトルのキャップを集めたら、
ポリオから世界の人を救えることに繋がるそうです。

ちょっとでも気に留めてくれる人が増えれば、
世界をもっと良い方向にもっていける気がする。
国際協力、当たり前やけど日本でもできるんだね…




最近更新してませんでしたが、
最近は停電が多かったり、
ネットが不安定だったり、
読書がおもしろかったり、
任地を離れることが多かったりで、
放置になってました。

でもですね、本人はいたって元気でございます。

ご心配おかけしてますが、
日本で「便りのないのが良い便り」といったり
韓国のことわざに무소식이 희소식(むそしぎ ひそしく=無消息が喜消息)というように、
まぁ元気でやってると思っていただければ…

少なくとも週1回は更新します…反省
[PR]
by nao24d | 2010-10-16 23:00 | Au Burkina Faso

La vie du Burkina. Jour:115

2010.10.14


La vie du Burkina. Jour:115・活動見学

今日は初めて先輩隊員の活動を見学させてもらった。
お世話になったI氏は
Tenkodogo(テンコドゴ)市の市役所で働く村落開発普及員である。
d0159222_6213488.jpg
<アソシエーションの女性とI氏>

ちなみに私の住むKoupéla(クーペラ)の位置するKourittenga(クリテンガ)県はCentre est(中東部)地方に属しており、
TenkodogoはそのCentre est地方の3県を束ねる地方局が置かれる地方都市である。

語学研修中に行ったKokologo(ココロゴ)という街、
首都Ouagadougou(ワガドゥグ)、
そしてこのKoupéla以外に訪れた街が無かったので新鮮だった。

Tenkodogoは栄えているけれど首都ほど排気ガスなどが気にならない、ちょうどいい栄え具合な気がする街だった。
もちろんKoupélaも住めば都なのだが。

さてさて前置きが長くなったが活動見学の話。

といっても彼自身の活動というより、
彼の関わっているアソシエーションの活動について聞かせてもらったり、
その団体の活動場所を見せてもらうことが目的だった。

TenkodogoではKoupélaよりゴミ回収のシステムが上手く機能しているようで、
それには3つのアソシエーションが関与しているとのことだった。
彼はそのうち2つの団体に関わっている。

うち1つは上手く運営されていて、
もう1つは問題を抱えている。

その原因は回収区域の違い。
ゴミ回収もタダで出来る仕事ではないので、
回収用のゴミ箱を各家庭に月500Fcfa=100円で設置してもらって、
その収益で各団体は回収活動をしている。

役所や省庁で働く人などの高所得者が集まる地域だとその500Fcfaの回収もスムーズに行われ、そこを担当する団体は健全な運営ができているのだが、
そうでは無い地域だと回収費用を踏み倒されたり、
そもそも設置に積極的な人が少なく、
団体の人間からすると割に合わない、という状況に陥る。

KoupélaのWuumtaabaというアソシエーションも、
ゴミ回収をやっているそうだが、年々その設置ゴミ箱の数が減って来ていると聞いたが、
Tenkodogoでも同じような状況に陥っている団体があったわけだ。
このままモチベーションが下がっていくと、システムの存続が危うい。

健全な運営が出来ている団体は高所得者の地域を担当していたわけで、
その団体がゴミ箱設置数を維持したり、新規のゴミ箱設置を促すために、
最初からアドバンテージがあったとも言えるが、
ただ、それだけでなく啓発活動などの努力をしていたらしい。
ちなみにKoupélaのアソシエーションからは啓発活動をしているとは聞いたことがない。

汚い生活環境の下で暮らしていると様々な病気になる恐れがある。
それを絵にして、地域住民に説明して回って、
ゴミを回収し、公衆衛生の状況を改善しましょうとゴミ箱設置への同意を求める。
d0159222_617129.jpg
<啓発資料>
それだけのことなのだが、意外にもTenkodogoでは大きな成果があったらしい。

と、Koupélaのアソシエーションのゴミ回収を活性化していく上でいくつか参考になる点があった。

まずは省庁や市役所などで働く人から囲い込んで、
運営に対するモチベーションを上げないといけないだろう。
幸いKoupélaでゴミ回収をしている団体は1つだけなので、
今のところ団体の住み分けによる問題は無さそうである。

そして、衛生・環境教育を彼女らと実践し、
街全体でゴミ箱設置を推進、一度賛同した人を離さず、
また常に新しいゴミ箱の設置機会を伺う。
d0159222_6222356.jpg

<帳簿>
帳簿をしっかりつけて、
費用回収の漏れが無いことを確認したり、
組織の運営を記録していくことも必要である。

Koupélaでの活動の方向が少し思い浮かんできた。

忙しいのに時間を裂いて説明して下さったI氏に感謝。
本当にありがとうございました。
[PR]
by nao24d | 2010-10-14 23:00 | Au Burkina Faso

La vie du Burkina. Jour:113

2010.10.12


La vie du Burkina. Jour:113・Lieu de repos(休憩場所)

うちの職場の勤務時間は7時30分~12時と15時~17時。

午前中4時間半ぶっ通しで資料を読んだり何か書いたりするのも疲れるし、
午後は室内がむちゃくちゃ暑くなるから、
時どき外に出て休憩する。

その休憩場所がここ。
d0159222_23532676.jpg
<Lieu de repos>

木を組んで簡単に作られた日よけの下に、
同じく木で組まれた椅子が置かれている。

風が通り抜けると涼しいし、
本を読むならむしろ事務所よりここが良い。

まーったりして、ついつい長居してしまうこともある、
最近のお気に入りの場所。
[PR]
by nao24d | 2010-10-12 23:00 | Au Burkina Faso

La vie du Burkina. Jour:112

2010.10.11

La vie du Burkina. Jour:112・新学期の子どもたち

Burkinaは10月から新学期(新学年)。
子どもたちは学校に行くとき、少しおめかししているような気がする。
それまで見ていた服装とは少し違って見える。
新学期最初の日、10月1日は特に"よそいき"の格好をした子が多かった気がした。

中高はもう通常通り授業をしているそうだが、
小学校はオリエンテーションやらなんやらで授業が開始されるのはまだ少し先らしい。

中には5kgのお米の空き袋を通学カバンにしている子、
下校中にけんかして泣き叫ぶ子や、
男の子を突き飛ばす力強い女の子、
「なっさーら(現地語で白人の意味)」と日本人に満面の笑みを振りまく子、

いろんな子どもがいる。


カメラを出すと怪訝そうな顔をする大人が多いけれど、
この子どもたちの姿、
やっぱり遺しておきたい。

子どもの写真を撮るカメラマンに、
偽善っぽいと言う人が少なからずいることはわかっているし、
自分もあんまりわざとらしい写真は撮りたくないと思ってたけれど、

今は、そういう写真(子どもの笑顔の写真)は
カメラマンが撮ってたんじゃなくって、カメラマンが撮らされてたんだろうなって気がする。

子どもたちはカメラを思わず手に取ってしまう程、決定的な瞬間を見せてくれる。

今度はコンパクトじゃなくて、一眼でその瞬間を切り取りたいな…
d0159222_8394485.jpg
<バナナ屋のマダムの子どもたち>
[PR]
by nao24d | 2010-10-11 23:30 | Au Burkina Faso

La vie du Burkina. Jour:104

2010.10.03


La vie du Burkina. Jour:104・癒しとか…

傷ついた人を癒すって難しい。
僕は自分がひどく傷ついたことがないから、
人の痛みがわからない。

例えば身近なところで不幸があった人、
そんな人にどう言葉をかけていいのか、

何もかもに無気力で、
前を向くことを放棄しているかのような人、、
そんな人を励ますでもなく、支えるでもなく、

なんて言うか、
悲しみの数だけ希望もあるって思うけど、

その人にとっては、思い出に生きる方が幸せなのかなぁ。

と、どんなに考えても、そういう経験してないから、
僕には答えがだせないなぁって思ったことがある。


人を幸せにしたり、
癒すことができるって、すごいこと。

僕はまだまだそんな領域に達することはできなさそうだし、
それが少しでもできそうだなって実感が湧くまで、

ブルキナベとも日本人とももちろん韓国人とも特別な関係にならないで、
一人でいた方が良いかもしれない、なんて時どき考えたりもする。

周りの大事な人の痛みもわかってあげられないことが多かった…

自分が幸せになるより、
僕を幸せにしたくてしかたない!って人が現れれば、
状況は変わるかもしれないけれど、

好きになっても(恋愛感情だけに限らず)、
上手く手を差し伸べることも自分自身と向き合い続けるのは、
なかなか辛い。

その人を好きなせいで、
自分を嫌いになったら、
それは悲しすぎるもんな。

それでも、
なんだかんだで、
人を好きになる。

でもこうやってひとりをそれなりに謳歌してるのは、
誰かのものになるより、
みんなにかまってもらえることが居心地いいからなのかな?
(最近ほんと周りの人に恵まれてる。)



癒しつながりで、
最近医療系の仕事にすごく魅かれる。

というか、何もできない自分がもどかしいのかなぁ。

人の痛みもわからないし、ましてや血を見るのも嫌いなのに、
帰ったら医者になりたい!とかって少し思ったりもするのはちょっと飛躍しすぎか?

医療でなくとも何か世の中に貢献できれば良いのにと思う。

こんな優しくない自分がそんな風に考えるようになったのは、
いよいよおかしくなってきたのか?


尖閣諸島問題、コーラン焼却事件とか、民族や宗教の対立が絶えない世の中。

国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長(韓国の方)が
「自分と異なる人を悪くいう人に立ち向かおう。本を燃やした炎で未来は照らせない。」
と、おっしゃったそうだ。

そういう風に社会に訴えることで人を救う方法も、国際貢献のひとつのやり方。

平和とか命とか、そういうこと今まで考えもしなかったのに。

こんな世の中、世界じゃまずい

って、
人にものを伝える仕事をしている人もすごいなと、心底思う。



さて、

自分はここに来て、
いよいよ出家するのかというようなくらい、
自分の行くべき方向がわからなくなってきた。

正直今どこにむかってるのかさえわからない。

でもとにかく今は任地のゴミ・衛生問題と向き合って、
それから自分の進路や、もっと大きなことは考えて行こう!

と思っちゃいるけど、

ここアフリカだから、
秋なのかなんなのかわかんないけど、
でも北半球の10月の夜長、

悩みだしたら、止まらなかったりする。


親不孝息子は、いつ就職するのでしょうか?

医者(になるのは頭が足りないか)?
韓国文化学者(韓国語は活かせる)?
国際ボランティア(英語はできませんけど)?

このままずーっと独り身なら、
戦地とかも臆することなく撮るカメラマンになりたいような気もする。
(戦争をなくすために!だから最後は失業するか笑顔を撮るカメラマンになるか)
独り身でも親は心配するか…

一方で、
こんな甲斐性の無いこと言うと、
さらに独身貴族まっしぐらな気がするけど、

自分より奥さんにかなえたい夢があるなら主夫でも良いと思ったりもする。

あんなもやしっ子だった僕が、
自炊生活で、順調に太ってる。
料理、好き。

でもやっぱり、人に幸せにしてもらおうって思ってたら、
誰も幸せにできなさそうだ・・・

とうさん、かあさん、
とりあえず孫はまずはるか(弟)に頑張ってもらおう。
にしてもだいぶ先になるね。

でも彼は世の中を上手く立ち回っていくに違いない! 笑



癒しつながりで、最近僕を癒してくれるもの。
(あまりに感動したからみんなに共有しますね!)

You Tubeででも探してみて下さい!
(Celtic WomanかSecret Gardenのがおススメ)

「You Raise Me Up」

When I am down, and oh my soul, so weary
When troubles come and my heart burdened be
Then, I am still and wait here in the silence
Until you come and sit awhile with me

You raise me up, so I can stand on mountains
You raise me up, to walk on stormy seas
I am strong, when I am on your shoulders
You raise me up, to more than I can be

私が落ち込んで、心が疲れたとき
困難が舞い降りて、心に重荷を背負ったとき
私は、ここで静かに待っていよう
あなたが来て そばに座ってくれるまで

あなたがいれば立ち上がれる 険しい山頂へも登っていける
あなたがいれば勇気を出せる 荒れ狂う海にも歩いていこう
私は強くなれる あなたを信頼していれば
あなたがいれば勇気を出せる
私はもっと強くなれる



同期の多いBurkina隊員で良かったと思うし、
239人の仲間と出逢えた22-1次隊で良かったと思うし、
韓国で出逢った気の合う仲間がいて良かったと思うし、
アットホームなあの大学の学生で良かったと思うし、
地元の小中高の友だちにも恵まれて、

帰りたいと思うこともあるこのブルキナ生活のなかで、

なんとか僕は悩み続けることを放棄しないで、
こうしてやっていけてるのだと思う。

悩みや考え事はきっと絶えませんが、
別に落ちているわけではないのでご心配なく!

その証拠に?こんなキレイなモノを撮る元気がある!
d0159222_4494211.jpg
<Les étoiles @Koupéla 01.Oct.2010 (f/3.5 露出時間:30s×33枚 ISO:800 焦点距離:18mm)>
中心やや左側から、
左斜め上に向かって白い線がうっすら伸びているのが、

ながれぼし☆

ここまで読んでくださったあなたに、
感謝をこめて…
[PR]
by nao24d | 2010-10-03 20:00 | Au Burkina Faso