「ほっ」と。キャンペーン

C'est la vie!

<   2011年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

8月31日病

2011.08.31


一時退避132日目・8月31日病

毎年8月の終わりってのはどうも焦ってる。
今年は再赴任と受験に向けてあたふた。
今どき夏休みは31日までじゃないみたいだけど、
しみ付いた8月の怠け癖はそう簡単に治らない。

そんな中、出国準備と託けて、念願のマクロレンズを購入。
d0159222_0191816.jpg
<新しい相棒:Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/100mm ZF.2>

約15万の代物だが、存分にアフリカを切り取ってこようと思う。
ちなみに、今どき珍しいマニュアルフォーカス。

高まる~。
[PR]
by nao24d | 2011-08-31 23:00

2011.08.28


一時退避129日目・師

今日は小6のときの担任団4名+陸上の指導をしてくださった先生と飲んだ。

"若い人に囲まれてるといつまでも若くいられる"
なんて話を聞いたことがあるが、
相手が小学生でもそうなのだろうか?絶対年齢当てられない年齢不詳集団。
d0159222_0291523.jpg
<担任ではなかった3人の先生方>

もちろん管理職になられているなど、当時より責任あるポジションで活躍されているのだが、
その若々しさに驚き、
また、くたびれた大人になることなく、いつまでも活き活きとされている姿に感動した。
かっこいいなって素直に思える、仕事に生きがいを持った人たちだ。

教師の苦労や葛藤についても伺ったが、
"あんたも教師になりーな!"
とおっしゃるところからすると、
皆さん教師という生き方に誇りを持っておられるのだろうと感じた。

子どもに
"あんな大人になりたいな"
"大人って良いな"
と思わせることができる大人。

自分も先生方のような大人なりたいものだ。

教師になるかどうかは、また別の話だけれども…
[PR]
by nao24d | 2011-08-28 23:00 | Japon

建仁寺

2011.08.25


一時退避126日目・建仁寺

今日は建仁寺に行ってきた。

日本最古の禅寺であるとか(禅体験できて、やったこともある)、
風神雷神図屏風があるとか(複製だけど)、
d0159222_16435646.jpg
<風神>

法堂の天井に描かれた双龍図とか、
d0159222_16411982.jpg
<法堂・双龍図>

最近複製された雲龍図があるとか、
d0159222_1642151.jpg
<雲龍図>

その他もろもろ見どころ満載の寺である(歴史に詳しくない私でも楽しめる)。

ここの庭がすごく落ち着くところで、
縁側に腰掛けてぼーっとするのがたまらなく贅沢な時間に思える。
d0159222_16401124.jpg
<潮音庭>

工事してる箇所があって全ては堪能できなかったけれど、
ここもおススメの寺。
祇園界隈で、他の文化財や交通機関からのアクセスも◎

日本の文化、京都の文化、素晴らしい。
[PR]
by nao24d | 2011-08-25 23:00 | Japon

夜歩き

2011.08.24


一時退避125日目・夜歩き

東京からの来客があって夕食を一緒に食べた。

その後、ちょっと夜の京都を散策しようと思ったのだが、
意外に終電が早くて、
東山から二条城前のホテルまで歩かせることに。

当然自分が伏見の実家まで帰るための電車も無く…

タクシーに乗ることも勿論考えたのだが、
もうすぐここを離れるんだなぁという思いから、
行けるところまで歩いてみることにした。

そしたら、すんなり家まで帰れた。
炎天下なら話は別だろうが意外に何ともない距離(1時間30分あれば余裕で着く)だった。

観光客で賑わう街も夜はひっそりしてて、
歴史の重みみたいなのは暗さの中でより引き立つ気がした。
d0159222_16233286.jpg
<世界遺産・西本願寺>

良いもの観た気がする。

Burkinaではそう言えば深夜徘徊できないんだった。
軍人が暴れてた時期以外は禁止ではなかったけど、
単に街灯少なくて暗いし、Burkinabé闇に紛れるし怖いから。

最近Burkinaのこと考える割合が確実に増えてきた。焦る。
[PR]
by nao24d | 2011-08-25 03:00 | Japon

再赴任のお知らせ

2011.08.18


一時退避119日目・再赴任のお知らせ

待機中のBurkina隊員は9月上旬に再赴任出来ることが決定しました。

成田空港から、
4日に首都隊員と残り任期の少ない隊員11名が出発し、
私を含む18名が7日に出発します。

フランス語のことを思うと胃が痛いし、
長く日本に居ることで間違いなく下がってしまったモチベーションのことを思うと不安は尽きませんが、
戻れない人の分まで、残りの任期、しっかり活動に取り組みたいと思います。

もう10ヵ月も無いけど、続きから出来ることはありがたいこと。
職場に異動などが無い事を祈るばかり…

Burkinaのみんな、元気にしてるかなー?
d0159222_2205286.jpg
<仲良しのオリビア>
[PR]
by nao24d | 2011-08-18 22:00 | Japon

南禅寺

2011.08.17


一時退避118日目・南禅寺

広島帰りの山形出身協力隊員が来たので今日も京都観光。
d0159222_13442171.jpg
<南禅寺・山門>
d0159222_13455945.jpg
<南禅寺・水道橋>

南禅寺は世界遺産では無いけれど、京都で一番好きな寺。
山門の上は涼しい風が吹いて、改めて秋の気配を感じた。
[PR]
by nao24d | 2011-08-17 23:00 | Japon

五山の送り火

2011.08.16


一時退避117日目・五山の送り火

物議を醸した五山の送り火。
詳しい経緯はこちら

京都バッシングが凄いけれど、
放射性物質云々の前に、
この行事は1年以上かけて入念に準備することで守られて来た京都の伝統だっただけに、
陸高の松が簡単にそこに割り込むことができなかったのだろうと思う。

でも保存会が一度受け入れると発言したのが問題だった。
最初から毅然とした態度で受け入れ拒否し続ければ良かったのではないかと思う。

たられば、言っても仕方がないけれど。
d0159222_0314782.jpg
<送り火:大文字>

そんなこんなで複雑な気分ではあったけれど、
大半の人はお構い無しな雰囲気で、
今シーズン最後であろう浴衣に身を包んだ大勢の観光客が場を賑わしていた。

私自身この五山の送り火に関して、今まではただのイベントって思っていた。

しかし、震災があって祖母も他界した今年は、
例年以上に感慨深く、そして本来の意味を噛み締めて観れた気がする。
みんなちゃんとかえって行ったかな?

そろそろ夏も終わりだ。
d0159222_0315931.jpg
<送り火:法>
[PR]
by nao24d | 2011-08-16 23:00 | Japon

Welcome to Kyoto!

2011.08.11


一時退避112日目・Welcome to Kyoto!

震災ボランティアで出逢った仲間が京都に。

伏見稲荷では
d0159222_0562572.jpg
<千本鳥居>
d0159222_043112.jpg
<願いの詰まった鳥居の山>
ガッツリ山登って、

川床では、
d0159222_0441020.jpg
<まさかの川床>
京都の味を楽しみ、

夜の祇園界隈では
d0159222_0594684.jpg
<八坂の塔(法観寺)>
d0159222_0462029.jpg
<二寧坂>
ちょっとした冒険。

日本全国うろうろして最近思うけど、
京都ってすごい街やと思う。

街一帯が文化財。

もっと地元のこと知りたい。
日本文化ちゃんと知りたい。

ちゃんと勉強しときますさかいに、みなさん京都へお越しやすー!!
[PR]
by nao24d | 2011-08-11 23:00 | Japon

結婚式@佐賀

2011.08.06


一時退避107日目・結婚式@佐賀

服装散々迷った人生初の友人の結婚式。

自分が主役なら服装なんて迷わないのに、ってそんなこと言ってたけど、
良く考えてみたら、
あほみたいに目立つ格好しなければ、
正直脇役の自分がどんな格好しようが誰もみてないわけで…杞憂だった。

とにかく素晴らしい時間だった。
アットホームな感じで、職場結婚なこともあって、
いろーんなところからほんと祝福されてたのが羨ましかった。

個人的には、
生い立ちから今までのスライドショーの中に自分が入ってたのがすごく嬉しかった。
誰かの人生にこんな自分でも刻まれてるのだな、って妙に感慨深い気持ちになった。

大学の同期、同い歳の男性が結婚したのだけれど、
実はうちの学科では2番目のことで、今月末にはもうひとり結婚するらしい。
一緒にいた同期の仲間からは、
「早すぎないか?」という声もあったし、
彼のことに関しては特に「モテるだけになぜ今この時期に踏み切ったのか?」
なんてことも言われてたけれど、

奥さんからの押しもあったみたいで 笑
(あとで一緒に飲んだときに聞いた!)

あと、お母さんの涙が印象的だった。

自分が結婚式できるか自信はないけど、
例えば弟が結婚したら、うちの母もぼろぼろ泣くんだろうなって思った。
誕生日もそうだけど、結婚記念日も感謝の日だなぁと思う。
いろんな人に支えられて子どもって生きてる、生かされてる。
新郎と新婦だけでなく、家族と家族が結ばれる日、いろいろ考えさせられる日だった。

と、
ほんとに、ほんとに、微笑ましい披露宴で、

相手もおらんのに結婚したくなったなぁ。

幸せって伝染する気がする。
今日は自然に顔がほころんでしかたなかった。

お二人とも、末永くお幸せに!
d0159222_0151144.jpg
<手を取り合って…>

결혼식,어머님의 눈물이 인상적이었다.
내가 결혼할 수 있을지는 모르겠지만 만약해 남동생이 결혼하면 우리 어머니도 눈물이 흘리시겠다라고 생각했다.
생일도 그렇지만 결혼기념일도 감사의 날이구나.
여러 사람들의 더움을 받으면서 아기들은 살고 있다, 살 수 있게 돼고 있다.
가족과 가족의 날.
많은 것을 생각하는 날이었다...
[PR]
by nao24d | 2011-08-06 23:00 | Japon

夜空の下で

2011.08.03


一時退避104日目・夜空の下で

東北を18きっぷで南下し、新宿へ。
これから夜行バスで京都に。

その前に新宿駅西口前の屋台でラーメンを頂いた。
d0159222_17345091.jpg
<雑踏の中の屋台>

d0159222_17355079.jpg
<期待感煽る湯気>

外食するときBurkinaでは屋外で食べることが当たり前だった。
なんてことをふと思い出して、妙にしみじみした気分になった。

戻れるのだろうか?Burkina

また同期みんなで、星空の下、ワイワイ言いながらアフリカンな料理に喰らいつきたかったなぁ。
[PR]
by nao24d | 2011-08-03 23:00 | Japon