C'est la vie!

<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

国際工芸見本市に向けて3

2012.06.29


296日目・国際工芸見本市に向けて3

リサイクルエコバッグの新作ができた。
今回はトートバッグタイプと、
OLさんがお弁当入れてるイメージのものを作ってもらった。
d0159222_7154493.jpg
<新作リサイクルバッグ>

布を全く使わないと強度が無くなってしまうので、
これが今のところ一番材料費を下げる形だと思う。
が、コストをもうちょっとかけるつもりのお土産用には、
飲料水パックの見えている部分に黒い布を張ったバージョンも作ってみたいと思う。

それぞれ、29袋と9袋、飲料水のパックを使用している。
d0159222_721246.jpg
<洗浄中(にしてもヘルメットで髪乱れ過ぎやな、おい)>
特にトートバッグに用いた29袋という数は、リサイクルに有りがちなゴミが集まり過ぎて処理が追いつかないパターンと逆で、
今のところ袋の調達が追いつかないほど。
回収・洗浄のスタッフを見つけるのは必須だと思った。
今日は午後3時間で170袋しか裁断、洗浄出来なかった。
尤も、切るのも洗うのも手伝ってくれた人たちがゆっくりかつ下手くそだったから、
ハサミの扱いに慣れた日本人なら、倍はいけると思うが…

とまぁ、それなりに試作は順調なので、
できるだけ早くSIAOの委員会にかけ合って本制作に取りかかっていきたい。
が、それに当たってはまず、この活動に携わっている人たちの体裁をはっきりさせておかなくてはならない。

そこで、ここ1週間はこの活動をプロジェクト化することに多くの時間を割いた。

今まで試作品を作ってくれた仕立て屋のVincentは、
県内の職人のアソシエーションの他にも、
障害を持ってもいるので、障害者のアソシエーションへの参加経験があり、
組織がぶつかる様々な問題点への知識も多い。
加えてリサイクルに重きを置いた活動であることも理解をしてくれているので、
彼をリーダーとするのはごく自然な流れだと思う。

そして、私のC/Pである、Issouf。
彼は補佐、監査にまわると言ってくれて、
私が渉外というか、要はコネクションづくりを担っていく。

ここまでは良かった。

これに加えて私はレジ袋をリサイクルしたランチョンマットづくりに協力してくれている女性団体も巻き込むつもりでいるので、
ここに女性促進省の職員も組み込みたかった、もっと言えば障害者と関連の深い社会活動省の人にも声かけしたかった。
しかし、リーダーは、女性団体とのコラボレーションは認めるものの、
どうもC/PのIssouf以上に多くの役人(公務員)を組み込むことを嫌う。

さらには、たばこ屋の店主と、薬局のおじさんを連れて来て、
彼らが活動に理解を示しているので、役員にしたいと言ってきた。

しかし、生産活動に関われないその2人に何ができるのだろう?
会計や事務のポストは読み書き計算の出来る人であるべきだと話していたので、
そこに充てるのかと思えば違うと言うし、
結局、プロモーションと衛生啓発の責任者をやると言いだした。
そのポスト、全くお金にならないけど、本当に続けてくれるのだろうか?

そこで、ふと、次のような不安が浮かぶ。
いや、待てよ、活動への関心=環境問題への関心ではなく、
金になるんじゃないか?という関心なのでは?という疑い。

飛ぶように売れれば役員待遇の彼らにも臨時収入が、
というような期待をしているのではないだろうか?

第一の目標にゴミの減量を挙げてはいるが、
私のイメージはあくまでも慈善団体ではなく商業ベースの団体。
ビジネスと繋げてゴミ減量・街の美化のモチベーションを上げてもらいたい。
そこに欲しいのは、
社会を知っているアドバイザーとしての環境省などの職員と、実際の働き手となる職人集団。

ここに、あまり関係の無いお飾り構成員を増やして、
その人たちに収益の分配金が行く仕組みにはしたくはないのである。
真面目にものづくりしている構成員のモチベーションを下げかねないのだから。

しかし、リーダーの顔をとりあえず立てていこうというのが、
この国のやり方を知らない私と、新人職員のIssoufの共通認識。
とりあえず、今のところは様子を見るということで折れたが、
問題があれば見直しをすることは確認しておいた。

そして、空白になっていた事務(実質No.2)のポストには、
危機感を感じたのかIssoufが手を挙げてくれ、
私としては少し安堵したところ。

会計は女性とも協働していくことを見据え、
女性を充てよう、というところまで話し合った。

来週は設立背景や、会則などを決め、
再来週中の組織立ち上げを目指したいと思っている。


あぁ、でもどこまで口出ししたら良いのだろう、というか口出し出来るんだろうか?
私はどの道いなくなる存在。
そういう意味では彼らのやり方を尊重するのが良いのはわかっている。

しかし、このプロジェクトが上手くいけばかなりの金額が動くことは容易に予想できるので、
金銭の管理や、運営の監査、その辺りは慎重に慎重を重ねて、万全を期したい。
役員にはせずとも、何をしようとしているのかくらいは、
少なくとも関連性のある省には連絡を入れて、アナウンスしておきたい。

これに関して、どうリーダーと折り合いをつけていくか、
やっぱり意見しないわけにはいかないかなぁ…
ちょっと気が重いが来週は組織の将来を占う大事な1週間になりそうだ。

d0159222_730502.jpg
<このかばん、女性用だろ?とか言いながらノリノリなモデル>
あぁ、でも良いものが出来ていくのはほんと救いだなぁ。
キーパーソンと思われるC/PのIssoufもご機嫌のこの表情 笑

彼の協力と、リーダーの製品の出来を見たら、まだまだ気張って行くしかない!
[PR]
by nao24d | 2012-06-29 22:00 | SIAO (国際工芸見本市)

国際工芸見本市に向けて2

2012.06.23


290日目・国際工芸見本市に向けて 2

d0159222_719786.jpg
<リサイクルエコバッグ(巾着タイプ)>
先日のミーティングで実行委員会が、
“ビニール袋の使用を抑えるためにと紙袋を試作している”と話していたことに対し、
こちらから次回提案を考えているのがリサイクルエコバッグ。

d0159222_772243.jpg
<仕立て屋Vincent氏>
作ってくれているのは再赴任当初ポーチを作ってもらっていた人たちではなく、
最近よくお世話になっているフランス語のよく通じる仕立て屋Vincent(ヴァンソン)。

彼はリサイクルについても非常によく理解を示してくれており、
期日もわりと守って仕事をしてくれるので、活動する上では非常に心強いパートナーである。
d0159222_723321.jpg
<裏地には飲料水パック>
このバッグのミソは、飲料水のパックを1つ当たり21個も使うということ。
それだけ多くのゴミが新しいものに生まれ変わるのである。
それを可能にした秘密が、底面に付けられている中敷き。
ここに10パック分が重ねられており、置いたときの安定感と強度を高める働きをしているのである。
これはVincentのBonne idée(ナイスアイデア)である。

またビニールで覆われていることで、中身を雨から守ることもできるし、
ファスナーではなく紐で閉じるようにしたことで、大幅にコストダウンができた。
生地代から工賃までで500Fcfa(100円程)に抑えるのが目標なのだが、
それが叶えば現地の人にもある程度買ってもらえるのではないかと踏んでいる。

この巾着タイプの他にもトートバッグ型など数種類のモデルを作り、
次回のミーティングで発表し、もし導入が決まれば、
こちらとしてはSIAOパーニュを使って10000個を目標に生産したいと考えている。

環境省の県局長にもその考えを伝え、省を挙げた協力もお願いしてみた。
来週の出張で上司にかけあってみるとの回答を頂けて、こちらも好感触。
d0159222_7255267.jpg
<県局長へ提案中>

しかし、問題点もひとつ浮かび上がった。

飲料水パックの回収はこれから夏休みの子どもたちや、
それ専用の担当者に行ってもらおうと計画していて、
2パックにつき1Fcfaをイメージしていたのだが、
環境省で飲料水パックを買い取るとき、相場は1kg50Fcfaとなっているらしい。

つまり、2パック1Fcfaではあげ過ぎらしいのだ。
こちらはそれでもサイクルできるし、
それぐらいお金になるような仕組みでないと続かないような気がするから、
敢えてその金額設定だったのだが、
そのパックを使って苗木を作っている人もおり、
彼らの仕事の妨げになる恐れがあるのである。
d0159222_732518.jpg
<4月に撮った苗木屋さんの写真(右下の部分に飲料水パックを使った苗木が見られる)>

ということで、この件に関してはしばし保留。
当面は私とVincentで拾い集めるか、
商店前に回収用の段ボールを設置するなどして回収していこうということになった。

と、良い活動になりそうだ、と思っても、なかなか一筋縄では行かないものだと改めて思い知らされた。
様々なStakeholder(利害関係者)いて、
その人たちのことまでカバーしたプランを考えるのは至難の業。

でも、とにかくできることから取り組んでいこう!
だんだんおもしろくなってきた!
[PR]
by nao24d | 2012-06-23 23:00 | SIAO (国際工芸見本市)

私だけが観た夕陽

2012.06.22


289日目・私だけが観た夕陽

2010年6月22日にBurkinaの大地を踏んだ私にとって、
今日はそれから2年と1日目、私だけの延長戦が始まった。

先輩隊員曰く、
先に帰国する同期隊員のfacebookは帰国前・帰国直後は集合写真で溢れ、
その後日本のクオリティの高い食べ物がニュースフィードを埋め尽くし、
次第に旅行の写真がどんどんUPされ始め、
3カ月経って就職(できない)ネタで盛り上がるらしい。

月曜に同期が帰国し、
空港での再会の写真に始まり、
早くも日本めしが並び始めてて面白い。

彼らが帰るまでは、
同期がいようがいまいが私の活動に関わることはほぼ無く、
別段影響は無いだろうと高を括っていたが、
ふと隊員機関誌のことで電話しようとしたときに、
あぁ、もうみんないないんだなぁと我にかえり、
思ってた以上に喪失感が大きいことに気付いた。

それにもすぐ慣れるのだろうけど、
やっぱりなんだかんだで支えられていた部分は大きく、
文字通り同じ釜の飯を食ってアフリカまでやってきた仲間の存在の大きさを知ることになった。

そう考えると25人一気に帰ってしまうよりは、
退避があって段階的に人が減ったのは私にとって幸いだったかもしれない。

これからの活動に対しては、
みんなの最終報告を聴いたことや、自分だけ残る意味についていろいろ考えるから、
今はやらなきゃって気持ちがプレッシャーになりそうなほど大きい。

と、精神的には結構ダメージあるような気がするのに、
それとは裏腹にこの火曜から金曜でいろいろ進んだ。
悶々としてるのに、活動だけすーっと流れていくと、
心のバランスが崩壊しそうでちょっと怖くも思う。

上手くいきそうで悩むってなんとも贅沢な状況ではあるが…


と、なんだかスッキリしない気持ちで今週の就業を終え、
家路につこうとしたとき、
ふと、目の前に、
雲に埋もれても、それを分かつように放たれる夕陽の光を観ることができた。

そのとき思わずシャッターを切ったのがこの1枚。
d0159222_9445123.jpg
<雲を分かつ光>

これを観ていると、いろんなことを考える。

まず、他に何も撮らなかったのに、なぜか一眼を持って職場に行ったのは幸運だった。
思えば今までの人生トータルで考えると、基本的に自分は運が良い。
だからこの選択(=任期延長)もきっと間違いじゃなかった!なんてちょっと前向きになれた(まだ評価するのは早すぎるとも思うが)。

そして、もし日本に帰ってたらこの夕陽は見られなかったわけで、
やっぱり残った自分にしか観られないものがこの先もいくつもあるんだろうなって再確認できた。

また、見方によっては太陽が雲に飲み込まれた構図ではあるけど、直観的にそうは感じず、
今は雲に隠れてちゃんと観えないけど、その一筋の光の向こうにもっと輝く太陽があるというのは、
私と活動の行く先を暗示しているに違いない!とすら思えてきた。
(太陽は沈む一方で、次は背中側から出てくるにも関わらず、なんともめでたいポジティブシンキング!)

乾季の空は灰色で、しばらくそうすることを忘れてたけど、
改めて空を見上げると、日々の悩みなんて些細だな、とつくづく思い知らされる。
夕陽の美しさはいろいろな雑念を洗い流してくれるし
最近の晴れてるときの夜空の星なんて感動半端無いし、
青く澄みきった空にでかでかと浮かぶ入道雲は気分を上げてくれる。

久々に空の持つパワーを感じ、
しばらく同期と同じ時間帯に星を眺めたり、夕陽を観たりはできないけれど、
これからも空を観ることは続けたいと思ったし、
次に同じ夕陽を眺めるときに、胸を張っていられるように居たいと思った。

来週はもうちょい上げていこう!
[PR]
by nao24d | 2012-06-22 23:00 | 心境

国際工芸見本市に向けて

2012.06.19


286日目・国際工芸見本市に向けて

今日は国際工芸見本市SIAOの主催者とのミーティングに参加した。
前回2010年のSIAOの際にJOCVがゴミ拾い活動をした実績があり、
今回2012年のSIAOでも同様の活動を引き続き行えないか?という要望がJICAに届いたのである。

私はこれまでのところ任地でのリサイクル製品や、
かつてJOCVと活動を行っていたいくつかの団体の製品を持ち込んで出展することだけを考えており、
ゴミ拾い活動を実施する考えは持っていなかった。

というのも、前回ほど隊員の数がおらず(前回80人以上に対し、おそらく10月26日現在では17人ほど)、
そうしたアクティビティを実施するには人手不足が懸念されたからである。

しかし、実際にこのようなニーズがあり、
Action Faso PropreというBurkinaをキレイにしようというプロジェクトの力を借りれば実現可能ではないか?という見通しも立ったため、
前向きに考えたいという思いになった。

主催者側は、『ビニール袋の無いSIAO 2012』をコンセプトにしているらしく、
買い物の際に手渡される黒いビニール袋の代用品として紙袋を提案するなど、
いろいろ試行錯誤しているようだった。
d0159222_3485126.jpg
<主催者が提案していた紙袋>
これはあまり多くものが入らないし、コストも高そうな気がした。

何か意見は無いかと言われたので、
私は日本のふろしきを用いたふろしきバッグのようなものを、
パーニュ(西アフリカ独特の模様の布)でできないか?と提案した。
実際に同任地の隊員がその普及に取り組んでいるので、
彼女の力を借りれば、十分デモンストレーションは可能で、
どの家庭にもあるパーニュを用いるだけなので、ゴミにならないだけでなく、コストもほとんどかからない。

リサイクルエコバッグを作って提案するのもおもしろいかもしれない。

またゴミ箱の設置も訴えた。

今回は事前に準備も何もできなかったので、
大したことは言えなかったが、
本当にゴミの無いSIAOを目指すなら、
ゴミ箱ごとに日本の夏フェスのようにボランティアを配置し、
せめてビニール類だけでも分別を促すような取り組みを行っても良いと思うし、

縁日などで、食器のレンタルを行っている会社があるが、
そうした会社を招待してリユース食器の取り組みをアピールするのはどうか?など、
日本が招待国になっていることもあるので、
日本の様々な環境対策もここで紹介できればおもしろいのではないかと思った。

言うだけならタダなので、できれば沖縄のアーティストHYに来てもらって、
そこにあるべきではないもの、を唄ってもらえたら素敵だな、なんてことも思う。

♪捨てる軽さと拾う重さ 気付いているのはわずか♪
これをBurkinaの人にも届けたい。

また、沖縄はどうかわからないが、Burkinaの人も広島や長崎はもちろん知っているので、
彼らの反戦のメッセージが込められた曲も届くのではないかと思う。

などなど、任地の製品を広く多くの人に知って頂くだけでなく、

日本の国際協力、
日本の技術、
日本の環境対策、
日本の文化、
日本人のマインド、

そういうものが伝えられるSIAOになれば、
すごく意味ある10日間になりそうな気がする。

最後に、できたてホヤホヤらしい、今年のSIAOのポスターを。
d0159222_3515123.jpg
<最終版>
実はこの最終版の前にもう一段階あって、それが下のもの。
d0159222_3503732.jpg
<試作品>
こちらでは日本の国旗がスポンサー欄の台湾の次に描かれているのだが、
今年は特別招待国になっていることもあり、
最終版では日本の国旗が大きく中央に配置されたらしい。

デザイン的にどうかはともかくとして、大使館も相当気合が入っているらしい。

帰国まであと半年、
これから次々にいろんなことが形になっていく時期だと思う。
最後の最後まで、可能性を否定せず、チャレンジし続ける6ヵ月にしたい。
[PR]
by nao24d | 2012-06-19 23:00 | SIAO (国際工芸見本市)

ゴミゼロ活動の打ち上げ

2012.06.17


284日目・ゴミゼロ活動の打ち上げ

今日は在ブルキナファソ日本国大使の公邸で、
大使夫人の呼びかけで始まった5月30日(ゴミゼロの日)に向けたゴミゼロ活動の打ち上げに参加させて頂いた。

この活動は、Action Faso Propre(訳すと、清潔なブルキナファソ運動という感じだろうか)と名付けられ、
文字通り清潔なブルキナファソにするために、ゴミ拾いや啓発を行っていこうというものである。

現在まで数回の廃棄物に関する勉強会の後、
首都Ouagadougouで5月26日に第1回のゴミ拾いが開催(曜日の関係で30日には出来なかった)され、
6月9日にも地方都市Bérébaで第2回のゴミ拾いが実施されている。

また、既に第3回も来月14日に企画されており、第4回は私の任地で実施予定(9月初旬)。
大使ご夫妻もBurkina Fasoに一大ムーブメントを巻き起こしたいと意気込んでおられる。

打ち上げと称されたこの会にはそれに協力した協力隊員数名と、Burkina Fasoの方々が招待されており、
大使直々に感謝状を授与して頂き、公邸料理人の方のディナーまでごちそうして頂けるという、畏れ多い会だった。

しかも、私が5月30日生まれだったことをご存知で、バーステーケーキまで用意して下さっており、
天皇誕生日レセプションが行われるのと同じ場で、
こんな一国民が祝われて良いのかと非常に恐縮してしまったが、
こんなこともう一生無いだろうと、ご厚意に甘えてしまいっぱなしの数時間だった。

それにしても、
協力隊員になってから、JICAの職員の方々、外務省の方々、大使と、
日本では絶対に絡む機会の無い方とお話する機会を頂けて、それだけでもすごく幸せに感じていたのに、
大使に名前を憶えて頂くどころか、感謝状まで頂けるなんて、もうこれは家宝物だと思う。
d0159222_6573389.jpg
<感謝状授与!>

感謝状授与して頂いたことに報いるべく、
任地Koupélaでの第4回活動実現に向け、
配属先、市役所、同任地隊員と共に頑張っていきたいと思う。
[PR]
by nao24d | 2012-06-17 23:00 | 活動・配属先