「ほっ」と。キャンペーン

C'est la vie!

派遣前訓練 Day 03

2010.04.09


訓練3日目・語学訓練開始


朝はアルプスを写真に撮ってみることにした。

d0159222_21383678.jpg


レンズにゴミが入ってて、何もいないのに、
カラスがいるかのような黒いしみ。。。やっぱ中古レンズ↓↓

でも、やっぱ雄大な山のおかげでしまって見えた♪


続いて、初「朝の集い」。

d0159222_21321315.jpg


日直に当たっていたが、みんな全くの手探りでスタート、。
自分はブータン王国の国旗掲揚を行った。
曲の尺にぴったり合わせて、国旗を上にあげるのはなかなか難しかったけど、
こんな経験ができてちょっとラッキーだった!

その後自転車の台数確認などの雑務も日直の仕事として行った。
金曜の日直は少し忙しい。


朝食後、ついに語学がスタート。
同じ班の方々は30代2名と20代2名で、自分が一番年下だった。

看護師さん、助産師さんと命を預かる仕事をなさっている方、
中学校、小学校で先生をなさっている方と、
自分以外の方はみさなん、かなり責任の重い職業をされており、
さすがは協力隊に参加される方々だと、
言語ももちろんだが、周りの方々から社会のことも教わりたいと思った。
でも甘えてばかりではいられないので、そんな大先輩の方々の前で、
語学のグループリーダーをすることにした。

d0159222_2143537.jpg


先生のニックネームはJo(じょー)
気さくで、かなりロールプレイ中心で講義が進む。
さっそくわからない単語だらけで手探りだが、
みんな良い人だし、
なんとかこのメンバーと揃って任国に派遣されたい!と、
そう思った。


昼休みにも日直の仕事がある。
それは郵便物の確認作業。
届いた郵便物を各班の郵便ボックスに振り分けて、
そこに入らない小包や特別郵便は別途呼び出しの放送を入れて受け取ってもらう。


午後からは自己紹介の時間があった。
238名の自己紹介は非常に長いので、一人当たりは30秒になった。
自分は話が長いので、30秒に絞るにはどうしたら良いか結構悩んだが、
悩んだ挙句、というか待ち時間が長すぎて、
「名前を覚えてください」としか言えず、
無駄に5回くらい名乗ってしまった。

熱あったんちゃうか?と思うほど、
いっぱい頭使ったし、緊張もして、
わけわからんくなってしまった。
でも、他の研修生は非常に面白く自己紹介されていて、
特に社会人の方々との場数の違いを感じた瞬間だった。


その後、2回目の郵便物確認と、
国旗を降ろす作業をした。
日直は常に時間を気にしてないといけなくて、
気が休まらない…


夕食の後は、生活班でのミーティングがあった。
自分は全体日直の仕事内容を報告したのだが、
仕事を引き受けたおかげで、別に大した事をしたわけじゃないのに、
感謝されたり、顔や名前を早く覚えてもらえて嬉しかった。

そして土曜の夜に第一回班飲みをすることが決定した。
第2回は語学についていけなければ辞退せざるを得ないので、
今回のうちにめいいっぱい楽しんでおくことにしようと思う!


それが終わったら、また日直の仕事、
今度は外出者が、22時に帰寮しているかを確認する。
行方不明者がいればまた呼び出しをかけることとなる。

そして最後に就寝前の人員確認。
日直室で、班員全員が揃っているかの報告を受けて、
確認が取れ次第終了。


そうして、日直の一日が終了。

一週間日直は続くが、最初の日に当番するものを集中させすぎて、
気持ち的にちょっとハードな一日だった。

夜中になってきょうすけさんと3時間くらい話し込んだ。
アジアや韓国のこと、お互いの今までのこと、
近い部屋に同じ環境隊員の兄貴分がいてくれて、
ほんとに良かったと思える時間だった。

ただし、睡眠時間は3時間30分しかない…
[PR]
# by nao24d | 2010-04-10 02:00 | 派遣前訓練@駒ヶ根

派遣前訓練 Day 02

2010.04.08 


訓練2日目・晴れ


5時30分起床
きょうすけさんと早朝ランニング敢行

駒ヶ根は2つのアルプスが映える町というのがウリだそうで、
雪化粧の雄大な山々に感動しながら走った。

晴れた日の朝は気持ち良い!

結構急勾配で、上りはかなりハードで若干太ももに疲れがたまりました。
でも、続けて走りたい。

入所式を迎え君が代を歌ったとき、日本代表という言葉が頭に浮かぶ。
人生で一番大事に君が代を歌った。
誇らしい日本の国家だ。

オリエンテーションが続く中、
特に印象的だったのは、

日本人は名前を覚えるときに、
かなりその漢字にも注目していて、
反対に外国ではもっぱら音で記憶されるということ。

日本人なら荻原さんと萩原さんを間違ったりするけど、
韓国で僕がしょっちゅう「なごや」と呼ばれたように、
日本人は似た漢字の名前で間違って呼ぶが、
表音文字の国の人は似た音の単語とこんがらがったりする。

言いかえればそれだけ日本人は目で記憶をしているということ。

これは日本人が語学学習をする際に、鍵になる可能性がある。

アナログと言われようが、書いて覚える!
耳と口とさらに目で覚える!
これは日本人特有の方法なのかもしれない。


他にも、、、

訓練はもう始まっている!
行けばなんとかなるじゃない!

僕らは教えに行くんじゃない!
中に入って一緒にやるんだ!

という言葉を聞いた。

行けばなんとかなるという考え方だった自分には結構効いた。


でも、そう思うのが遅く、語学の確認テストは壊滅。
絶対一番下のクラスに入ることになる…
その中でももしや…くらいの勢いでまずかった。。。

こっから巻き返したい!
じゃないと、任国で活躍できん!

今日から変わろう!


その後、今週の全体日直を担当することになり、
いろんな雑務を受け持つこととなった。

そういう活動も「積極的に」とまでは行かなくても、着実にこなしていこうと思う。

ってな感じで2日目は終了。

[PR]
# by nao24d | 2010-04-08 23:00 | 派遣前訓練@駒ヶ根

派遣前訓練 Day 01

2010.04.07


派遣前訓練初日


奇跡的に雨男なのか、
先日の卒業式に続き今日も雨。

しかも、朝6時過ぎに自宅の戸を開けてびっくり!
外、さむい。

でも今さらせっかく苦労して閉めたスーツケースを開ける気はない。

そのまま出発する。

準備でカツカツの財布を思って、
鈍行でタラタラ行ってやろう思ってたのに、
時間もなく、乗り換えする気力も湧かないから断念。
あっさりのぞみに乗ってしまう。


名古屋からは高速バス。

乗り場に続々と集まる研修生。
やっと始まるっていう実感が湧く。

環境教育隊員とも再会。
とりあえず語学やってないことをみんなに報告し、
みんながどれくらいやったのか探りを入れてみる。

試験、憂鬱なのが若干楽になる。


訓練所に向かうバスにさらにもう一回乗り換えがあるが、
その待ち時間がおよそ1時間。
なぜか雨だからという理由で全く関係ないコインランドリーで待機。
それが許される駒ヶ根、田舎なんだと実感。

お昼を買おうと周辺を回ろうとしても、
結局何もなかったそうで、

挙句の果て、
訓練所に入ったら、
SoftBankはやっぱり入らない…


陸の孤島



訓練の中身は、
今日は一通りオリエンテーションがあっただけって感じだった。

収穫は、なんか行く前に結構準備金もらえます!ってことぐらいかな。

あぁ、あとブルキナファソ派遣の人が27人もいて、
しかも少なくとも20人は女性やった!

ニジェールの1対11には敵わないけど、
ちょっと楽しそう♪


明日は語学の試験とかも入ってくる。

夕食食って、風呂に入って、
コンピュータで動画とか観て、
特に緊張感無く日記書いて、

もう眠いから、
語学試験対策せずに寝ることにする。

さっさと寝て、オリエンテーションと授業には集中しよう!


p.s.
旅立ちは6月21日に決定! (パリ経由☆)




では、駒ヶ根から第一歩を踏み出したでっちでした。
[PR]
# by nao24d | 2010-04-07 23:00 | 派遣前訓練@駒ヶ根

Je vais au Burkina Faso

タイトルは、
“私はブルキナファソに行く。”
という意味です。

私、でっちこと、

西出直哉は

青年海外協力隊 平成22年度 第1次隊の隊員として、
西アフリカのブルキナファソ国に派遣予定であります。

職種は環境教育です。

今日はまず、
簡単にブルキナファソの紹介をします。

面積:27万4000k㎡
主要言語:フランス語・モシ語・デュラ語(フランス語の訓練を受けています!)
人口:1520万人(2008年、UNFPA)
一人当たりのGDP:440$(2006、世銀)
首都:ワガドゥグ

成人非識字率:74.27%
初等教育就学率男性:52%・女性:37%(2002年)

平均寿命:46.9歳(1990)➔ 42.89歳(2002年)

と、まさに貧困と隣り合わせの発展途上国なのです。

d0159222_050309.jpg


これはブルキナファソの国旗です。


ブルキナファソという国名は「清廉潔白な人たち」という意味だそうです。


日本とのつながりはなかなか見当たりませんが、

日韓共同開催だった2002年ワールドカップ当時に、
日本代表を率いていたフィリップ・トルシエ監督が、
このブルキナファソでも監督をしていたようです。

サッカーはなかなか盛んで、2010年3月31日付けのFIFAランキングでは52位にランクされています。
ちなみに日本は45位、韓国は49位です。

なお現在、浦和レッズにもブルキナの選手が一人在籍しています。

残念ながら今回のワールドカップ南アフリカ大会には出場しませんが、
派遣された暁には、ぜひ現地でアフリカサッカーを目に焼き付けてこようと思います。


と、いろいろ書いてはみましたが、
ブルキナファソに関する情報はあまり多くはありません。
青年海外協力隊が派遣されてからもまだ10年しか経っていないのだそうです。

ということで、

現地の情報をここで少しでも多くの方に共有できれば!

とも考えています。


また私自身の活動報告と生存確認の意味も込めて随時更新してまいりますので、

みなさまごひいきに~!
[PR]
# by nao24d | 2010-04-06 00:00 | Intro