C'est la vie!

タグ:AI Zoom-Nikkor35-70mm f3.5-4.8 ( 7 ) タグの人気記事

La vie du Burkina. Jour:271

2011.03.19


La vie du Burkina. Jour:271・I love you

今日は先輩隊員の送別会で上京。

明日帰国される平成20年度4次隊の方々と、
今夜のフライトで帰国の平成21年度1次隊の現職教員特別参加制度で参加されていた方々に向けての会だった。

9カ月同じ国で過ごしたわけで、
特に20-4のおふたりには、それぞれの任地で活動を見学させていただくなど、
お世話になることが多かった。

徐々に、こうして思い出の多い方々を見送る割合が増えて行くのだなぁと思うと寂しい気もする。


さて、この会の中で特に印象に残ったことをここに記しておきたい。

それはかの有名な夏目漱石が教師をしていたとき、
「I love you」の訳を、生徒が「我君ヲ愛ス」とした際、

「月が綺麗ですね」といいなさい。それで伝わりますから…

と言ったという話。
日本で英語の先生をなさっている方の最後の挨拶だったのだが、
正直何をおっしゃっているのか最初は理解できなかった。

しかし、あとで調べると、

夏目漱石は江戸~明治に生きた文豪であり、
その時代はまだ「愛」という言葉は一般的でなく、「情」の時代だった。
加えて「我君ヲ愛ス」という直接的な言葉は、日本人の感性に合うものではなかった。

以上から、
その話の前後を捉え、日本人ならではの叙情的な文章で思いをつなげる事をよしとしたのだろうと言われたり、
無粋なことが嫌いな漱石らしい逸話だとも伝わっているそうだ。

実に素敵なエピソード。
その話をなさっていた瞬間に、すぐ理解出来なかったのが残念だった。



震災後twitterで
"暗過ぎて今までに見たことないくらい星が綺麗だよ。仙台のみんな、上を向くんだ。"
というtweetを見た。
日本でも今多くの人が空を見上げていることだろう。

私も空を見上げ、
そして遠い国にいても世界との繋がりを感じられる月を見つめながら、
"月が綺麗ですね(=I love you)"とつぶやいてみる。
d0159222_2114030.jpg
<任地で観た初めての満月:2010.08.24>

あいにく今日はカメラが無かったが、Burkinaで10回目の満月だった。
残りは今のところ15回。
せっかく雨の少ない国にいることだし、
あと15回、少なくとも満月の日には、日本にのみんなに、世界で活躍する同志に、想いを馳せてみたい。
[PR]
by nao24d | 2011-03-19 23:00 | 隊員・事務所

La vie du Burkina. Jour:215

2011.01.22


La vie du Burkina. Jour:215・Garango

同期のH氏の任地Garangoに行ってきた。

お借りしていたものや、預かってきたものを伝達するのと、
以前からBlogやSkypeの画像で拝見していた丘が見てみたかったら、
この週末を利用してお邪魔させていただいた。

同じ州のGarangoまでは車で1時間10分程で着く距離。
ただ、バスの路線が通っていないため、乗り合いタクシーを利用していくことになる。
これが不定期で、かつ乗客がフルになるまで発車しないことから、乗り継ぎで3時間近くかかった。
Garangoは近くて遠い街という感じ(H氏、上京時ご苦労様です)。

でもH氏のお宅ではおそばを頂いたり、
Garangoの美味いもんをいろいろごちそうして頂いたりと、
Bien接待して頂いて良いリフレッシュができた。

もちろん期待の丘にも行ってきた。
アナログ一眼片手に、新隊員の方が買ってきて下さったFilmで撮影。
d0159222_8514069.jpg
<丘:Take3>
これは画像ではなく本物の写真をデータ化したもの。
ドイツ製のFilm。
少し青みが強くて面白い。
d0159222_923342.jpg
<ピントあってました!>
こちらは6×6Film風にトリミングしてみた(けど、横位置で空切った方が良いな、と反省)。

任地には残念ながら街を見下ろせる丘がない。
こういう街に住んでたって言える写真が撮れるのはかなり羨ましいと思った。

年末から同期が続々と任国外旅行に行っていて、自分もそろそろ!という気持ちもあるのだが、
もう少しの間はBurkinaのいろいろな景色を撮って行きたいと思う。
素敵なところがまだまだいっぱいありそうだと、今一度確信できたし、
同期が多くて国内旅行するにはかなり恵まれてるこのアドバンテージを使わない手は無い!
[PR]
by nao24d | 2011-01-22 23:00

La vie du Burkina. Jour:150

2010.11.18


La vie du Burkina. Jour:150・獅子座流星群

17日の21時ごろ(世界標準時:BurkinaもこのTime Zone)から獅子座流星群が極大だった。

でもBurkinaで獅子座が観れるのは18日0時ごろから。
しかも2時ごろではまだ月が明るかったから、
実際観測出来たのは4時ごろから明るくなる5時過ぎまでだった。

4時20分ごろから5時の間で、自分が見れた流星は3つ。

でもカメラにはひとつも捉えることができなかった。
d0159222_8473181.jpg
<獅子座日周運動18.Nov.2010>

次にやってくる流星群は双子座。
双子座生まれだが、そういえばじっくり双子座を見たことが無い。
12月、流星撮り、再挑戦してみよう。
[PR]
by nao24d | 2010-11-18 06:00 | Au Burkina Faso

La vie du Burkina. Jour:077

2010.09.06


La vie du Burkina. Jour:077・Jeûne de ramadan(ラマダンの断食)

長ーいSieste(シエスタ:昼寝・昼休み)を終え、
職場に戻ると、
力無い表情の県局長。

ぽつりとひとこと、
“今日で26日目なんだ。”

???

そう、県局長はイスラム教徒だったのである。
今日はその断食の26日目。
昼を過ぎるとお腹が減って書類の内容が頭に入らないと言って、
外の椅子に腰かけてボーっとしている。

ここに赴任した次の日にそれが始まったようで、
初出勤日には既にその最中だったわけだ。

午後以降に県局長が仕事をしているのをほとんど見たことが無かったわけは、
どうやらそのせいらしい。

単に仕事が無いのか、若しくはあまり働かない人なのかと思っていたけど…
9月9日はRamadanで祝日。
その日位は断食体験してみようかな?

そしてそれ以降(断食明け)の県局長の働きぶりに注目しておこう。

キリスト教が中心のKoupélaでは、
ラマダンの断食を他の任地の隊員ほど感じてなかったけど、
まさかこんな身近にいたとは!!

でも修行のせいで仕事の能率落ちるって、
それが国の発展を妨げている原因ではないのか?とちょっと思ってしまう。



今日は多分ここに来て初めて、
日が暮れてから晴れてるのに停電した。
d0159222_822189.jpg
<満天の星空>
これが観たくて、アフリカに来た!と言っても良いくらい。
感動的だった。



今日のつぶやき:
何万年も前に放たれた星の光による星占い。その星が今存在しているかさえわからないのに、日本では数ある占いの中で一番ネットを賑わし、TVで毎朝カウントダウン。都合の良い神様を選んで信じる日本人には、どうせあてにならないから!と都合の良いものだけ選んで信じれるくらいの気軽さが好まれる。
[PR]
by nao24d | 2010-09-06 23:00 | Au Burkina Faso

La vie du Burkina. Jour:066

2010.08.26


La vie du Burkina. Jour:066・La foudre(雷)

昨日は珍しく断水だったけれど、Koupélaでは停電は頻繁にある。
特に今は雨季だからだろう、雷雨になるとすぐに停電する。
週3回以上、長ければその1回が7時間に及ぶこともある。

そんなだから暮らしの中で雷とどう付き合っていくかは結構重要なポイント。
自分は鳴るとすぐに停電に備えて手元にろうそくを準備する。
気にしない、というのも付き合い方のひとつだろう。
でもあの音と光が、人によってはものすごいストレスになる。

自分は幸いそんなに雷が怖い訳じゃないけど、あまりに雷鳴が激しいときは、
ノイズキャンセリングのイヤホンつけて聞こえないようにしながらやり過ごす。
快適空間を一瞬で作り出してしまうテクノロジーってすごいなと改めて思う。

ときどき、障害物がなくて空が広いからだろうか?かなり遠くの方で空が光ることがある。
風向きのせいなのかも知れないが、無音で雷が落ちるのである。
雨もまだ降りだす前だと、てっきり街灯の電球が球切れしてるのかと思って外に出たこともある。
本当に不思議な光景で、それは絶好のシャッターチャンスでもある。
上手くその瞬間を切り取れると、いつもはうるさい猛獣を黙らせて手なずけれたような気がしてなんだか誇らしい。
d0159222_2056647.jpg

[PR]
by nao24d | 2010-08-26 23:00 | Au Burkina Faso

La vie du Burkina. Jour:035

2010.07.26


La vie du Burkina. Jour:035・修了パーティー

4週間の語学研修も明日で終了。

今日は校長先生のお宅で、
d0159222_855630.jpg
みんなでBurkina(Afrique)の料理をして、
d0159222_891235.jpg
修了の前祝い?的なパーティーをした。
d0159222_8112260.jpg


最後の一週間は自分の語学のレベルにふさわしくないくらい高度な内容で、
もっと生活に必要な会話を習いたかったのが本音だが、
講師の先生はみんな基本的には良い人たちだったし、
Burkinabéが実際どんな人なのかを知る良い機会になった。
d0159222_8135316.jpg


昼間お腹が痛くて、
準備の間は写真を撮るだけにしてたけれど、
いざ晩餐が始まると美味しく食べれた。
Ouaga隊のみなさん、サボってすみません。

なぜか歌を歌うことになり、
なぜかモノマネもすることになり、
踊りも踊ってちょっと疲れた気もするけど、
Burkina式の宴がどんなものか体験できて良かった。
(きっと村とは違うんだろうけど)

ちなみに、
今日の画像はフィルムカメラによるもの!
いい味出てるなぁ~と我ながら思ってしまう。
[PR]
by nao24d | 2010-07-26 23:00 | Au Burkina Faso

La vie du Burkina. Jour:021

2010.07.12


La vie du Burkina. Jour:021・訓練復帰初日

今日のある授業でBurkinabéの結婚相手選びがトピックになったのだが、
内容は日本人には結構刺激的だった。

「料理しない女性は女性ではない」とか、

「目の大きくまるっとした女性は軽薄だ(浮気する)」

「肌の明るい女性は不忠実だ」

「ガニ股の女性と結婚すると貧乏になり、内股と結婚すると金持ちになる」

「土踏まずの無い女性は不健康だからやめておけ」

「不妊の女性は結婚相手にはふさわしくない」などなど

女性4人と自分だけのクラスで、
こんな発言がポンポン出てくると、
なんとなく居心地が悪かった。

これはトラディショナルな農村文化で、
今はそういった考え方は薄れていっているし、
都市部ではこういった考えはないとフォローしていたが、

でも講師の先生自身は、
ばっちりその教えを守る気でいるらしいし、
子どもにも言って聞かすそうだ。

授業って言うフォーマルな場でこんなこと言ったら、
日本じゃ大問題だと思う。


でもそう考えると、
ジェンダー、ジェンダーっていろんなところで聞かされてる日本男児は、
Burkinabéに比べると随分男尊女卑の考えが薄いと思う。

韓国と比較したってそうだ。

女性目線で言うと、まだまだ不十分かもしれないが、
出国前に行った神戸のアウトレットでもレディースデーのサービスが露骨すぎるくらい充実してたし、
協力隊員に女性が多いことも見れば、
日本じゃいろんな機会が均等かむしろ女性を優遇したような形になっている気さえする。

制度面ではなく考え方の面では、まだ根強い差別があるのかもしれないが、
この研修所で言えば、自分たち男性陣になんの権力もないし、
そんな環境も日本社会じゃ増えている気がする。

女性だろうが、男性だろうが、
自分が相手をリスペクトできるかどうかは、
その人の人間性次第だと自分は思う。

Burkinabéの女性を選ぶ基準を見ていると、全く根拠のない決めつけで、
子どもの頃、
「外見とかその人が自分でどうすることもできないことをからかってはいけません!」
って学校で言われたのを思い出す。


ともあれ、こういった文化の違いは非常に興味深い。
自分は良くも悪くも日本人的な考え方をしていると思う。
そして日本が好きだ。

Burkinabéだけに限らず男尊女卑というのは世界中のいろんなところにあるのだと思う。
自分のものさしではそれは良くないと思うけれど、批判するつもりはないし、
それがこの国の文化なのだと思う。

良い文化・風習は見習いたい。
受け入れられないことでも知ってはおきたい。

そのためにはもっと話せないといけない。

もっと話したい。



そんなことを思い、Burkinabéの青年と話しながら撮った今日の星。
d0159222_518595.jpg

Burkinaじゃ、首都でもこんなに星が見えるんだな。
[PR]
by nao24d | 2010-07-12 23:00 | Au Burkina Faso