C'est la vie!

La vie du Burkina. Jour:133

2010.11.01


La vie du Burkina. Jour:133・カトリック諸聖人の大祝日

今日はカトリック諸聖人の大祝日。
キリスト教のさかんなKoupélaでは何か催しがあったのかもしれない。

“かもしれない”というのは、
1泊2日で首都に行って来た疲れで午前中寝て過ごしたから。
つまり何があったのかはわからず仕舞いだったということ。

無理してすぐに帰ってきたのに…

でも
「今日Fête(フェット=祝日とパーティー・祭りの意味がある)やるからうちに来い」
とガルディアンに誘われ、彼の集落へ。
ちなみに本人はイスラム教徒(親戚の中には十字架のネックレスしてる人もいたけど、宗教に関して寛容というか適当というか…)。
d0159222_847365.jpg
<ブルキナの茶の間?>
ラマダン明けのFêteもそうだったけど、
この国の宗教絡みのFêteは日本の祭りの概念とは少し違って、
何か祭りそするわけではなく、
どうやらみんなで集まってごちそうを食べることを指すようだ。

ということで村落部で、たくさんの人と握手をし、手も洗うことなく食事をしてきたのだが、
明日の体調はいかに?
自分の環境適応度がわかる良い機会かもしれない。
d0159222_8484899.jpg
<今日のごちそう>
ごちそうになっておいてなのではあるが、
このアラシッドソース(ピーナッツのソース)はすごく美味しいが、
白い餅みたいな塊、これはあんまり好きな食べ物ではない…

それを思うとソース無しでも美味いと思える“ご飯”はすごい食べ物だと思うし、
特に抜群に美味い日本の米は、日本人の誇りだと今は真剣に思う。
[PR]
by nao24d | 2010-11-01 23:00 | Au Burkina Faso