C'est la vie!

La vie du Burkina. Jour:283

2011.03.31


La vie du Burkina. Jour:283・めざせ、市長!!

今日の夕方、同じ訓練所で過ごした仲間の悲しいお知らせが届いた。
私と同じくアフリカで活動する隊員からのメール。
内容は、一人の同期から29日、突然の別れを告げられたというものだった。

不慮の交通事故だったという。

はっきり言って実感がない。
また2年後会える、というイメージしか湧かない。

でも、
そこが私が今居るBurkina Fasoと同じであるかはわからないが、
バイクで言えば飲酒運転も、2人乗りも、ノーヘルも当たり前。
タクシーはミラーが3つとも揃っていることがあればツイてるくらいで、整備不良甚だしい、、
5人乗りだろうってところに8人乗ることもあり得る、
無茶な追い越し、制限速度なんて完全に無視。
長距離バスでさえ、途中エンストを起こすことが多々で、窓ガラスもよく割れている。
信号は大都市にしかない。
というのがこの国、同じアフリカの一国の現状。

そう、
こんな状況じゃ、隊員がよっぽど注意してても巻き込まれる可能性が無いわけがない。
誰の身にそんなことがあっても、不思議では無かった。

けれど、そんなに簡単にやりきれるものではない。

生きて帰ろう協力隊。何度も聞いたフレーズだ…
そして駒ケ根で受けたどんな安全講習よりも安全に対して思うことがあったが、
その代償に失ったものが大きすぎる。

震災もだけれど、突然明日が無くなるというのは、むごい。


訓練所時代、私は彼とそれほど関わりが無かったが、
同じフランス語圏の仲間の中で、
率先して栄転される職員の方へのメッセージカードを集めておられたのを覚えている。

そして239人の夢や抱負や、旅立つ前の心境などを綴ったポートレートのメッセージボードに、
彼が
「めざせ、市長!!」
と記しておられたのが何より印象的だった。
239人いても、明確に夢を記していたのはほんの数人だった。

協力隊員としてその国の子どもたちに豊かな心を育んでほしい、というところから、
帰国後はどこかの市長になって、日本の子どもの未来をより明るくしたい、と思っておられたのだろう。

しかし、市長になるというその夢は叶わない。

私は今後のビジョンも定まらないまま、
ここにこうして来たわけだが、
やりたいこと、それを達成するために成すべきこと、を見据えておられた方だけに、
その悔しさは私には想像できないものだろうと思う。

彼の夢を直接引き継ぐことはできないけれど、
彼の描いた未来を想いながら、
少しでもそれに近づけるように、
残り238人で"世界のこれから"を創っていかなければ。

3月、あまりにも多くの涙が流れすぎた。
神様がいるなら、もう終わりにしても良いんじゃないのか、と思う。
[PR]
by nao24d | 2011-03-31 23:00